万物は流転する

確か、ヘラクレイトスの言葉である。

安易にウィキペディアから引用してくるあたり、哲学者(自称)として、いかがなものか?
などと言う批判には私の鼓膜は反応しない。
便利な機能を持っているのである(誤作動が多いが)。

すべてのものは移り行く
夢のように、真実のように
すべては移ろうものだ
世界、この地球と季節のように


今の家に移り住んで20年近くになる。
今はすっかり住宅街の様相だが、引っ越したばかりのころは山のすそ野の田んぼの中に立つ家であった。
私の家の並びにはうちのほかに家が1軒あり、そこには幼稚園ぐらいの少年がいた。
最初は私一人で住み、荷物を片づけたりしていた。
その頃は、少年は私を『お兄ちゃん』と呼んでいた。
しばらくして、家内が生まれたばかりの息子とともに移ってきた。
そして、少年はわたしを『おっちゃん』と呼ぶようになった。

その少年は大人になり、家を出て一人暮らししているそうだ。
生まれたばかりだった息子もそれなりに大きくなった。
当然、私は大きくはならないが(横方向にもである!)、老化が進んでいる。
私の体はいつのことからか成長を止めて老化を始めていたのである。
私に何の相談もなしにである!

そして、当然ながら昨日のささやかな畑仕事が節々に来たのである。
雨が多かったので土が重かった。とか、普段使わない筋肉なのでね。
などと言ってみても、明らかに衰えは隠せないのである。

だがしかし、心はまだまだ老化していないつもりなのである。
かなり若い頃の状態を保っているのである。
その証拠に、未だに『ケツが青い』と言われるような思考をするのである。
そう、今も若い頃の心を持ち続けているのである。
何か違うような気もするのである。
そしてそれに対する忠告に対して、どうも私の耳の『あの機能』は誤作動をするようである。
そろそろメンテナンスが必要かもしれない。
手遅れかもしれないが。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1. WIKI好き

ボクもWikiに頼ること多いなぁ^^;

こないだ「松鶴家千とせ」の記事を見たら
運営側のコメントに
「大言壮語的な記述になっています」
とあって笑った^^

あとアンサイクロペディアが大好き^^;

2. Re:WIKI好き

>かつきちさん

『松鶴家千とせ』って、誰ですか?
わかるかもしれませんが、恐らくわからないでしょう。

しかし、大言壮語的ってのは笑えますね。
あと、『わかるかな~、(以下略)』ってギャグだったんですね。

それにしてもいったい誰?

3. これはどっちだ

1、ホントに知らない
2、知ってるけど知らない分からないなかったことにしたい

って、当然2だな^^;

そう、ギャグだったんですよ
おそろしいことに

寄席ではよく「わかんねーよ(怒)」と
野次が飛んでたとか

なんであんなに流行ったんだろう?

4. Re:これはどっちだ

>かつきちさん

流行ってたらしいんですが、実は『日清焼そばUFO』のCMと『笑点』ぐらいでしか見た記憶が無いのですが、それは何かパラレル世界当たりと関係あるんでしょうか?

わかるかな?
わかんねーだろうな
プロフィール

一夢庵(M2)不便斎

Author:一夢庵(M2)不便斎
私の目の前の世界は、私が生まれてきた時に私に贈られたものである。
あなたもかつて世界を贈られたからこそ生きているのである。

私の世界は私が作り動かして行くのである。
私の世界の操縦桿を握るのは私だけ。

あなたの世界は?

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
フリーエリア
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
来客者数