私にとっての言葉と言うもの

私のブログではたびたび私の言葉に対する考えを書いてきたのである。
私は元々、言葉と言うものにあまり価値を感じていないのである。
1年足らずブログをやってきてそれは変わったのであろうか?

変わったとも言える、変わったともいえないのである。
言葉そのものについては、今もほとんど信を置いてはいない。
言葉はあくまで言葉であり、それ以上のものではない。
何者も込められていない言葉には何の力もないのである。

心のこもった言葉には力がある。
それは認めざるを得ない。

私は言葉を単なるツールとして使い、拳で、視線で、背中で、行動で、笑顔で自分の思いを語ってきたのである。
この先は、言葉でどれだけのことを語ることができるのか検証していきたいと思うのである。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

一夢庵(M2)不便斎

Author:一夢庵(M2)不便斎
私の目の前の世界は、私が生まれてきた時に私に贈られたものである。
あなたもかつて世界を贈られたからこそ生きているのである。

私の世界は私が作り動かして行くのである。
私の世界の操縦桿を握るのは私だけ。

あなたの世界は?

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
フリーエリア
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
来客者数