考察  身体変容

職業的に科学と深くかかわり、哲学者を名乗る以上、何かを信じるにも疑うにもこ根拠と言うものを求めてしまうのである。一方で直観と言うものに深い信頼を置くのも事実である。
トンデモ話などにも柔軟な心を持ち続けたいと思っている。

概ね、私のスタンスはこんなところである。
このスタンスで様々なことを考察していきたいと思うのである。

このところ、『身体変容』の話題をあちこちで見かけるのであるが、これがいったいどの様な物なのか、うまくつかめないどころかとっかかりが無い状態である。
信じるにも疑うにも動きようがないのが現状である。
いろんな情報、と言ってもほとんどが『ぐれん』がらみではあるが、意識を上げ、アセンションを志向するのなら、そこを通るべきものなのだろうということは見えてくる。
残念ながら、私のところには『身体変容』の兆しは一向に訪れないのである。この状況に対して焦りもなければ、感情が動くこともないのである。
自分の意識レベルを高めていくことを目指して生きていれば、必要な時に来るべきであれば来るのであろうと思っている。

私の目指すものは、常に自分の意識と魂のレベルを高めることである。
『身体変容』はその過程かもしれないが、目的ではない。
ここをはき違えると低級霊などのようなものの入り込む余地が生まれるのだろうと思うのである。
これまた半信半疑なのであるが、私は『憑依体質である』と複数の方から指摘されたことがある。真実かどうかは別として(そして、憑依体質であるがゆえに自分は特別とも思ってはいないのであるが)、もしそうだとしたら低級霊が入り込む隙が人よりも多いのだと思うことにしている。
だからこそ、真剣に思考力・判断力を磨かなければならないのであり、私の意識はそちらに向かってしまうのである。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

一夢庵(M2)不便斎

Author:一夢庵(M2)不便斎
私の目の前の世界は、私が生まれてきた時に私に贈られたものである。
あなたもかつて世界を贈られたからこそ生きているのである。

私の世界は私が作り動かして行くのである。
私の世界の操縦桿を握るのは私だけ。

あなたの世界は?

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
フリーエリア
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
来客者数