混合と分散

2種類の液体をかき混ぜると均一に混合し、それ以上かき混ぜても化学反応が起きない限り何の変化も起こさない。

ここで、『水と油は?』などと突っ込みを入れる輩がいたら、有無を言わさず『ピヨピヨ口の刑』である。

『ただし、相互によく混ざることが前提である』との前提を最初に示さなかったことは棚に上げるのである。


では、同じ比重で同じ直径の球状の粒子が2種類あるとする。例えば透明ガラスと茶色のガラスのビーズ(直径100ミクロン、10000個ずつ)があるとする。

それらを茶筒のような容器に入れて転がすような形で回転させて両者を混合する場合、どんな挙動を示すのであろうか?

均質に(均一ではない)混ざりあうのであろうか?

それは巨視的な観点では正しいと言えるが、微視的な観点ではどうだろうか?


100回転ごとに任意の5か所から50個ずつサンプルをとり、茶色ガラスの比率を測定していくと、はじめはすべての点において50%に近づいていき、50%となった後はどうなるかと言うと、再び50%から離れてしまうのである。ある程度離れたら、再度50%に近づき、その後同じような挙動を繰り返すのである。


2つのグループの人たちが一つにまとまろうとして、大雑把には一つにまとまったかに見えて局所的には揉め事があったり喧嘩したり仲直りしたりを繰り返す。そういう状態に似ているのではないかと思うのである。またもや強引な展開ではあるが。


さて、私はニセ科学者として取り組んでいるのは科学の中の一分野である化学である。

そして化学はさらに細分化されるのであるが、私の職場で最も多いのは有機化学者であり、化学工学を専門とするのは私を含めて数人だけである。

アカデミックな世界では、高度な専門化が進み、専門分野の細分化が進んでいる。有機化学の中でも細かく専門分野がわかれていて、別な分野のことはあまりわからない。そういう世界が形成されつつある。そんな中で、化学工学は珍しく他の専門分野とのコラボを頻繁に行う。何故なら、いろんな科学技術を工業化するための学問だからその性質上、コラボせざるを得ないのである。


私は元々有機化学志望であったのだが、学生の頃の卒業研究において、有機化学の教授の一人が人気のある先生であって、その研究室の枠4人に対して希望者12人であった。何故かじゃんけんで決めることになったのだが、私は見事に負けたのである。しかも、私がパーで他の11人がチョキ。最もまじめに研究しようとしている私が!である。

止む無く入ったのが化学工学系の研究室で、そこの担当の教授は今でも私の師匠である。そして社会人となり、ニセ研究員として化学工学を通して複数の専門分野を結びつけるような仕事をする羽目ことになって今に至るのである。


ちなみに私の意識は『オリオン』であり、統合を旨とするのであったと思う。思えば、あの見事なじゃんけん惨敗はハイヤーな世界で仕組まれたものだったのかもしれない。


だがしかし、自分の専門以外に興味を持たない典型的なアカデミック人間の相手は正直疲れるのである。できれば言葉よりも拳で語り合いたいものだが、サラリーマンである以上そうはいかないのである。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1. グー!

グーを出せば良かったねぇ。
そうすれば一人勝ちだったのに・・・
何故パーなんか出しだのだろうねえ・・・
(婆様の口調で)

2. Re:グー!

>if・・・さん

なんか、仕組まれたものがあったと解釈しています。
今もよく覚えているのですが、その前々日にハンドボールの試合で薬指を突き指、親指を脱臼していて曲がりにくい状態でした。
無理やりパーな状態と言うことですね。

3. それで

他の人はチョキか!!

仕組まれた感Maxですね。

4. Re:それで

>りかさん

科学を生業にするものとして、本来なら他の11人すべてから『なぜその時にチョキを出したのか』を調査して検証してから言うべきであると思いますが、私は『ニセ科学者』なのでその辺は躊躇なく割愛します。

それに、仕組まれたと思ったほうがおもしろいので。
プロフィール

一夢庵(M2)不便斎

Author:一夢庵(M2)不便斎
私の目の前の世界は、私が生まれてきた時に私に贈られたものである。
あなたもかつて世界を贈られたからこそ生きているのである。

私の世界は私が作り動かして行くのである。
私の世界の操縦桿を握るのは私だけ。

あなたの世界は?

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
フリーエリア
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
来客者数