妙にストーリー性のある夢④

忘備録的に書いてみたが、数年前の夢である。
本筋は損なわれていないとは思うが、はっきり覚えているとはいっても、どこまでが夢で見たことで、どこからが後で補った事なのかは判然としないのである。

話が完結しすぎな感はあるが、その辺を割り引いて読んでいただければありがたいと思うのである。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1. 無題

引き算して読んだとしても、実に面白かったです。

出自を失念して申し訳ないですが、以前聞いた話では、
龍は、山に千年、海に千年、人として千年。
合計三千年という修業期間が決まっているそうです。

一夢庵さんは、人として最後の千年期の修行中なのかもしれませんね・・・

2. 失礼しました。

記憶が曖昧でスミマセン^^;
海に千年、山に千年、川に千年でした。
葛井寺に専心龍乗観世音菩薩がいらっしゃるようです。
ご興味があれば、調べてみてくださいませ。

3. Re:無題

>ペガサスさん

コメントありがとうございます。
龍の修行のことは初めて知りました。
そう思うと、興味深い夢ですね。

4. Re:失礼しました。

>ペガサスさん

って、川でしたか。

貴重な情報、ありがとうございます。
プロフィール

一夢庵(M2)不便斎

Author:一夢庵(M2)不便斎
私の目の前の世界は、私が生まれてきた時に私に贈られたものである。
あなたもかつて世界を贈られたからこそ生きているのである。

私の世界は私が作り動かして行くのである。
私の世界の操縦桿を握るのは私だけ。

あなたの世界は?

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
フリーエリア
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
来客者数