この数か月の苦悩のオチ

この数か月、職場でゴタゴタに巻き込まれて苦悩してきたのであるが、一応のけりをつけたのである。
現実的には、依然として問題は残されたままなのであるが、私の中での一区切りと言うことである。
私と上司や同僚とでは統率力の違いがあり、思い上がりではなく私のほうが統率力が高そうなのである。だがしかし、チームの中で私が一番低い学歴と地位にあり、そこに職場での発言の重みの違いが生じているのである。
そして、私から見れば分かり切った原因によって、分かりやすい状況の穴にはまり、ある部分で自滅しようとしているのである。それは、私がこれまでに経験してきたことで、私には対処法もあり、回避するすべも持っているのであるが、上司や同僚はそれを眉唾なものと見做しているのである。

そして、なんとか彼らを救いたい、かつての自分のような面倒なことを経験せずに経験値を上げつつ乗り越えていってほしいとあがいていたのである。

それは言い換えると、自分に見守る強さが無いがために『彼らを助ける』と言う耳触りのいい言葉で自分を欺いてきただけなのである。『見捨てる』と言えば冷酷に聞こえるが、ここで必要なのは見捨てる強さなのである。

見捨てた以上は、自力で何とかするのをじっと見守らねばならないのである。
今の私の専門分野では、私はうちの職場史上最強と自負している(思い上がりつつ、自分にプレッシャーを与えている)。最強となるまでには、たった一人でいろんな困難を乗り越えてきたのである。
他人の試練を奪ってはいけない。それが私の新たな試練である。

そこに気付いたのがオチである。

あとは、上司に対して、あるいは同僚に対して腹が立ったのをどう収めるかである。
これもまた試練である(拙者、未熟者故)。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

一夢庵(M2)不便斎

Author:一夢庵(M2)不便斎
私の目の前の世界は、私が生まれてきた時に私に贈られたものである。
あなたもかつて世界を贈られたからこそ生きているのである。

私の世界は私が作り動かして行くのである。
私の世界の操縦桿を握るのは私だけ。

あなたの世界は?

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
フリーエリア
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
来客者数