久々に夜空を見上げる

この数か月の間、ドツボであった。

気が付くと、その間のほとんどをうつむいて過ごしてきたように思う。

職場からの帰り道に久しぶりに夜空を見上げた。


大げさではあるが、まだそこに夜空があったことを嬉しく思ったのである。


現在の科学では、宇宙の起源は『ビッグ・バン』であるとされている。

もしかしたら、気が遠くなるような昔にはふと目についた星にある水素原子は、それを見上げた私の目にある炭素原子と手をつないでいたのかもしれない。

可能性はゼロではない。


この宇宙は、現象論と物質では語りつくせないものがあるのだ。

目の前の現象に一喜一憂しているのは時間の無駄と言うものである。

少なくとも、うつむいているのはもったいない。

希望の星を探し出して、それを見続けるのである。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

一夢庵(M2)不便斎

Author:一夢庵(M2)不便斎
私の目の前の世界は、私が生まれてきた時に私に贈られたものである。
あなたもかつて世界を贈られたからこそ生きているのである。

私の世界は私が作り動かして行くのである。
私の世界の操縦桿を握るのは私だけ。

あなたの世界は?

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
フリーエリア
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
来客者数