化学反応が起こるには

化学反応は通常、反応に関与する物質と周りの環境との間でエネルギーのやり取りを伴うのである。

物質にはそれぞれ固有のエネルギーのレベルがあり、反応前の物質のエネルギーの総量と反応後のエネルギーの総量との差が反応によって放出または吸収されるエネルギーの量である。

そして、一般にエネルギーレベルが低い物質のほうが安定な状態とされるのである。


例えば、あなたの手に一枚の写真があり、それが悲しい記憶を思い出させるものだとする。

そしてそれを燃やすとき、写真の主成分はおそらくセルロースだろうか?よくわからないが、主に炭素、水素、酸素、窒素あたりから成る物であろう。

これらは燃やすと、熱や光(炎)と言うエネルギーを放出しながら、より安定な(エネルギーレベルの低い)水蒸気や炭酸ガス、窒素ガスなどに変換するのである。

この時に放出された熱エネルギーを『暖かさ』として受け止めたなら、悲しい思い出も少しは暖かさに替わったと解釈できるのではなかろうか?


大雑把に見て、エネルギーレベルが高い状態は、エネルギーを手放して安定化しようとする傾向があるといえなくもない。一方で、写真をその辺に放っておいても勝手にも得ることはない。それはなぜか。

反応が起こるためには、そのきっかけとなるエネルギーを与えなければならないのである。それを『活性化エネルギー』と言う。

帰化したガソリンと空気を混ぜただけでは発火しないが、そこに火花があると爆発する。この火花が活性化エネルギーである。

もしこの世に活性化エネルギーと言うものがなかったら、いたるところで火災が発生し、爆発だらけであろう。この世界は微妙なバランスの元に成り立っているのである。



ところで、毎朝の通勤電車に高校生男子三人組がいる。彼らの話が時々聞こえてくるのであるが、下手なお笑い芸人よりも面白いのである。そのうちの一人が、どうも同じ車両に乗り合わせた女の子が気になるようで時々チラ見している。

そしてその女の子はそれに気付き、時々プイッとそっぽを向くのであるが、決してその高校生男子を嫌っている風でもなく、むしろ気になっているようである。傍から見てて、なんかかわいいのである。

ここに何らかの活性化エネルギーがあればどうなるだろうか?

彼らの友情や恋模様も微妙なバランスの上に成り立っているのだろう。


ちなみに私はすっかり炭酸ガスなのである。

そしてその温室効果により、暑苦しいオヤジと化しているのかもしれない。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1. 活性化エネルギー

この記事、ネットをしていない友人にも
プリントアウトして送ってあげたくなりました。
彼女の人生における活性化エネルギーになるかもしれません。

2. うらやましいなぁ^^

いいなぁ、若者は...
ってそっちぢゃなくて^^;

実験できるっていいなぁ、と^^

もちろん現場の苦労は大変なものだと思います
さまざまな外界の影響を排して
細心の注意を払って
因果関係を議論の余地がないように
遂行していかねばならない

かつきち、ちみっと経済学を
覗いてみたことがあるのですが
経済学って「実験」というものがありません!

計量経済学なる「検証」らしきものはあるのですが
それが処理するデータの信頼性をどうやって
担保するのかはまったく触れられていません

経済学をはじめとして、いわゆる「社会科学」
とよばれる分野の論文にはよく
「Given」「所与」という言葉が出てきますが
これ、「まぁ、ひとまず難しいことは置いといて~」
という意味です^^;
境界線はあるんだけれども、僕たちには決められないから、あいまいにして議論進めちゃえ作戦です

日々、そこいらへんに神経使ってるM2さんからしたら、怒髪天を突く世界だな

ちなみに、ノーベル賞に「経済学賞」は存在しません

3. Re:活性化エネルギー

>あやにゃんさん

ありがとうございます。
どこかで役に立つのなら、どんどんプリントアウトしてください。

4. Re:うらやましいなぁ^^

>かつきちさん

経済学というのは実験がないということですが、現実世界が壮大な実験室だと思います。
そして、EUなんぞは失敗実験じゃないかと思います。

5. 社会実験...ではあったと思う

EUは失敗に終わりましたね

欧州の貴族が「自分たちは古代ローマ人の末裔だ!」
「古代ローマ帝国を復活するのだ!」
とはじめたことのはずだったのですが

いかんせん、彼らには古代ローマ人ほどの
覚悟も気概もないことが
ギリシアの件でばれてしまいました
ギリシアはユーロ圏から離脱することになるだろうから

もとより彼らが本気だったら
とっくの昔にトルコがEUの加盟国になっていたでしょう

EUって、ボクから見ると
金持ちの道楽息子がさんざんいじくりまわして
挙句の果てに「や~めたっ!」と
放り出したおもちゃみたいに見えています

社会科学の実験(もしあるのなら)では
一番、タチの悪い実験かもね^▽^

6. Re:社会実験...ではあったと思う

>かつきちさん

世の中には質の悪い実験があふれているのかもしれません。

私たちが普通に使っている蛍光灯ですら、そこから放射される電磁波が人体に無害であるということが完全に証明されてないらしいので。

などと考えると、怖いっす。
プロフィール

一夢庵(M2)不便斎

Author:一夢庵(M2)不便斎
私の目の前の世界は、私が生まれてきた時に私に贈られたものである。
あなたもかつて世界を贈られたからこそ生きているのである。

私の世界は私が作り動かして行くのである。
私の世界の操縦桿を握るのは私だけ。

あなたの世界は?

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
フリーエリア
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
来客者数