冬の乾燥空気(後編)

湿度と言うのは、空気中に含まれる水分量が、その温度での飽和水蒸気量の何パーセントに相当するのかと言う値である(厳密には相対湿度と言う)。


飽和水蒸気量は気温が高いほど多く、低いほど少ないのである。

従って、正解は①である。


そう。冬の寒い日に雨が降っていて、湿度が90%であってもその空気が暖房によって暖められると乾くのである。


そしてこの記事を書いている私の手のひらは、今ものすごく乾燥しているのである。

頭をかくとその摩擦で静電気が起こり、額に前髪が張り付くのである。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

一夢庵(M2)不便斎

Author:一夢庵(M2)不便斎
私の目の前の世界は、私が生まれてきた時に私に贈られたものである。
あなたもかつて世界を贈られたからこそ生きているのである。

私の世界は私が作り動かして行くのである。
私の世界の操縦桿を握るのは私だけ。

あなたの世界は?

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
フリーエリア
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
来客者数