回文

昔、新聞を購読していた頃のことである。

20年近く前である。ちなみに今は新聞を読まないのである。


新聞の広告欄に投稿されていた本の宣伝で、回文の本が紹介されていた。

その例文として、『野茂のもの』と言うのがあり、衝撃を受けたことを覚えている。


回文をネタにするお笑い芸人もいるが、好きである。

『女子コンパでパン粉所持』とかそういうものである。


今日の晩飯はカレーライス。

その食材の買い出しの時のことである。

私の担当は運転手件ポーターであり、黙って家内について歩くのだが、頭の中でいつも無駄なことを考えているのである。

シーフードのカレーにしようということで、魚介の売り場へ。

イカを手に取った家内を見ながら、『イカかい?』と思ってニヤニヤ笑ってしまったのである。

さぞかし気持ち悪かったことだろうと思う。


視線を移すとそこにはホタテが。

『貝以下』と言う言葉が頭をよぎる。

たいして面白いわけではない。

しかし、ついついニヤニヤしてしまったのである。


たわいのない日常の風景である。

それにしても『貝以下!』。

そんな風に罵られたとしたらどうすれば良いのだろう。

そもそも、貝以下のいったい何だというのだろうか。

無駄に気になって仕方なかったのである。

『貝以下のイカかい?』

こうなると止まらないのである。

さらに言えば回文ではないが、それはどうでも良いのである。


すっかり暴走していたのであるが、少し疲れているのかもしれない。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1. 回文の悦楽に

私、快感開花したわ


すみません(;´Д`A
私も疲れてるのかも。

2. Re:回文の悦楽に

>あやにゃんさん

これは見事に疲れているようですね。

知らず知らずのうちにニヤニヤしていたら重傷かもしれません。

3. ぐはぁ…

>一夢庵(M2) 不便斎さん

快感、限界か……

4. Re:ぐはぁ…

>あやにゃんさん

限界かもしれないっすね。

って、かなりの手練れですな。

5. じゃぁ、ボクも^^

わたしたわしわたしたわ

そこのらんでもとおもいつつ
のっちまったもんわ~しょ~がない^^v

6. Re:じゃぁ、ボクも^^

>かつきちさん

かつきちにいさんもお疲れですか?
プロフィール

一夢庵(M2)不便斎

Author:一夢庵(M2)不便斎
私の目の前の世界は、私が生まれてきた時に私に贈られたものである。
あなたもかつて世界を贈られたからこそ生きているのである。

私の世界は私が作り動かして行くのである。
私の世界の操縦桿を握るのは私だけ。

あなたの世界は?

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
フリーエリア
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
来客者数