『気力』に関する考察

昨年の私であれば、この記事はもっと愚痴っぽくなっていたかもしれない。

場合によっては読む人に不快感を与え心を暗くさせることになっただろうと思う。


昨年に比べてそう言う暗さはマイルドになったのではないかと感じている。

やはり、両親訪問の前後から何かが動き、変わりつつあるのではないかと思っている。

元々は、そこで感じたこと・思ったことの覚書としてアップした記事であった(なら、なぜ公開するのだ?と言うツッコミはスルーである)。それに対して共感して下さった方や暖かい言葉をかけてくださった方、皆様のおかげで明るさと強さのレベルアップが出来たからなのではないかと思うのである。

この場を借りて感謝の意を表したいと思うのである。


加えて、夢の中で学んだこと。力ずくでの対処では効果が小さいことと誰かを傷つけ、損なうこと。このことが効いているのだと思うのである。


目の前に展開することは、自分が作り出す世界である。その自分とは『今ここにいる自分』だけではないはずである。高次の自分が成長を促すために仕掛けること、時には低次の自分が何かの腹いせにちょっかいを出すこと、そんなものも含まれるはずである。

時には糧とし、時には抱き参らせ、ある時にはスルーしながら成長していきたいものだと思うのである。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

一夢庵(M2)不便斎

Author:一夢庵(M2)不便斎
私の目の前の世界は、私が生まれてきた時に私に贈られたものである。
あなたもかつて世界を贈られたからこそ生きているのである。

私の世界は私が作り動かして行くのである。
私の世界の操縦桿を握るのは私だけ。

あなたの世界は?

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
フリーエリア
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
来客者数