苦にすると言うこと

昼過ぎに両親を訪ねていくことになっているのだが、正直なところ億劫である。

億劫な原因は


○根本的に話題がかみ合わない。価値観の違いは大きい。

○意識レベルに無視できないほどの違いがある。どっちが上か下か知らないが。

○同意して欲しいという前提の愚痴を聞くのは時間の無駄である。


などなど、数え上げればきりがないのである。

元来、私は即断即決で、すぐに行動に移す対応であり、行動に移すまでに時間があると無駄な思考をする余地ができてしまうのである。

こういう行動は褒められたことではないので、そのことを言の次元で悟るための試練であると思うのであるが、やはりめんどくさいのである。


さて、このように嫌なことが目の前にある時、それを『苦にする』と表現する。

では、この状況において、一歩引いて考えてみることにする。


目の前にあるのは『その状況があるだけ』で、『それは私にとって好ましくないもの』と言う事実があるだけである。

その好ましくない事実を、私がどのようにとらえるかは私の自由である。

そしてそれを『苦にする』言い換えると『苦』と言うものとして捉えるのは他でもない私である。

結論として『苦』を作り出しているのは周りの環境ではなく私なのである。

そして私が作り出す『苦』と言うものは、ほとんどの場合は杞憂に終わるのである。


要は、私はヘタレであり『大きな小人』なのである。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1. どうとらえるかは

自分次第ですよね。

実母と関わるのが嫌で
全力で逃亡中のからすれば、
一夢庵さんは勇者ですよ!

2. Re:どうとらえるかは

>あやにゃんさん

ずっと逃げていたのですが、去年あたりから両親の電話が誤作動して私の電話に無言電話が入るなど、不可解なことが続発していて、ロッドに聞くと上の存在が動いているとのことでした。
勇者ではなく単に逃げきれなくなったということです。

で、先ほど無事生還しました。
嫌に疲れましたが、同行した息子のおかげで無難に切り抜けました。
春に顔を出すことになりました。

3. Re:Re:どうとらえるかは

>一夢庵(M2) 不便斎さん

お疲れさまでした!!
やはり一夢庵さんは勇者です。

4. Re:Re:Re:どうとらえるかは

>あやにゃんさん]

ありがとうございます。
プロフィール

一夢庵(M2)不便斎

Author:一夢庵(M2)不便斎
私の目の前の世界は、私が生まれてきた時に私に贈られたものである。
あなたもかつて世界を贈られたからこそ生きているのである。

私の世界は私が作り動かして行くのである。
私の世界の操縦桿を握るのは私だけ。

あなたの世界は?

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
フリーエリア
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
来客者数