目標と我

人は生きる上で、目標を持つことは重要なことである。

ただ生きることよりも『良く生きること』は、生きていくうえで忘れてはならないことである。

そして、その延長線上に目標を持つのであるが、その際に自分の身のほどを知らなければマズいことになるだろう。


私には、『仁義』を持つ資質がある(レベルは問わないとして)。

だが、今の私のレベルでは、例えばキリストのような人にはなれない。

私は私の手に届く範囲でしか目標を立てることができないのである。

それを超えたレベルで目標を立てることは、単なる『我を張ること』でしかないのである。


『汝自身を知れ』これはアポロン神殿の入り口に刻まれた古代ギリシャの格言である。


以上のことを踏まえたうえで、来年の目標を考えたい。

たとえ、その内容がしょぼくてもそれは


自分を知ったうえでの目標であって、『来年から本気出す』ではない


と言うことをあらかじめことわっておきたいと思う。

『おいおい、のっけから言い訳かね?』

そう言う、まっとうな突込みに対しては、鍛え上げたスルースキルを駆使するのである。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

一夢庵(M2)不便斎

Author:一夢庵(M2)不便斎
私の目の前の世界は、私が生まれてきた時に私に贈られたものである。
あなたもかつて世界を贈られたからこそ生きているのである。

私の世界は私が作り動かして行くのである。
私の世界の操縦桿を握るのは私だけ。

あなたの世界は?

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
フリーエリア
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
来客者数