空気と光と友人の愛。これだけ残っていれば、気を落とすことはない。

逆境に立った時、物事が思うように進まない時。

そう言うことは珍しいことではない。

そして、その状況が続いたら、人は思わず『最悪だ』などと言う言葉を口にするかもしれない。


人としての底力が試されるのは『最悪の』状況だろうと私は思うのである。

絶望に苛まれるのか、今が最悪ならここからは上がるのみと考えるかは各人の自由である。


よっぽどのことがない限り、絶望するようなことはないのだ。

勝手にそう思っている。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

一夢庵(M2)不便斎

Author:一夢庵(M2)不便斎
私の目の前の世界は、私が生まれてきた時に私に贈られたものである。
あなたもかつて世界を贈られたからこそ生きているのである。

私の世界は私が作り動かして行くのである。
私の世界の操縦桿を握るのは私だけ。

あなたの世界は?

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
フリーエリア
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
来客者数