今は堂々巡り

秋から今までの間、私の意識は低空飛行を続けていたのである。

今日、久々にロッドさんと話して、自分の意識レベルを測定したら100ほど下がっていた。当然の結果である。


現実の問題として、いろんなことが起こっているが、その根底にあるのは誰かに言われたことを鵜呑みにし、その自覚もなく、自分で考えない(当然この自覚もない)、そう言う人たちとの摩擦なのである。

しかし、そういう人たちが大半を占める中ではそれが普通(スタンダード)なのである。

私は、声高に『考えろ!』と言い続けているが、自覚のない相手には響かないのは当然である。

いや、彼らは彼らなりに、文献情報や権威のある人の言葉を加工して考えているのだから。


考えているかどうかではなく考えることの定義の違いなのである。


そんな状況で『考えろ!』と叫び、感情を悪化させる。

この私の行動は、しっかりと考えられたうえでの行動なのだろうか?

その答えは書くまでもない。


リセットしよう。

語るべきことは語りつくした。それをどうするか、ボールを持っているのは私ではない。


幸い、今働いているのは別棟の実験室。たった一人でいるのである。

空調が壊れていて、地獄のような寒さではあるが。

考えるべきことはいくらでもある。

空いた時間は無駄にはできないのである。


もう一つ。

私は、自分で自覚するのを避けていた『恐れ』を持っている。


『自分は不必要な存在ではないのだろうか?』


必死で否定しながらもこの思いに囚われているのである。

顕在意識の上ではどこかに追い払ったと思いこんでいる。

潜在意識ではしっかりと根をおろし、顕在意識への侵食を虎視眈々と窺っている。


闘ってねじ伏せるのは意味のないことだろう。抱き参らせるしかないと思う。

そして、顕在意識と潜在意識は表裏一体である。

どちらから行動を変えていくのか、その答えは書くまでもないのである。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1. ミリンダ王の問い

ギリシャ哲学と仏教が
ガチンコでぶつかった時の
作品だったかな
東洋文庫にあるはず^^

ギリシャ哲学は
A=notAはぜったい認めない

かたや仏教は「yes or no」式の考え方を認めない

もちろんyes、noはあっていい
それと同じように
yesでもあると同時にnoもあるでしょう
yesでもなければnoもないでしょう
そういうこともあるでしょう

と、仏教側の立場^^

前提が違いすぎて対話にならない^^
でも、そのよってたつ前提を疑え!
ってことになったようなならなかったような

無意識に信じ込んでる前提ほど
やっかいなもんないからね
まず自分では気づけない^^

2. Re:ミリンダ王の問い

>かつきちさん

無意識は意識していないが故の無意識なので捕まえようがない。
だから、自分の行動を自分で吟味する他ないです。
言い換えると『イマイマにキを入れる』と言うことでしょうか。
そこを忘れてた拙者は切腹ですな。
プロフィール

一夢庵(M2)不便斎

Author:一夢庵(M2)不便斎
私の目の前の世界は、私が生まれてきた時に私に贈られたものである。
あなたもかつて世界を贈られたからこそ生きているのである。

私の世界は私が作り動かして行くのである。
私の世界の操縦桿を握るのは私だけ。

あなたの世界は?

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
フリーエリア
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
来客者数