そろそろ精算のときか?

風邪も治り、久々に仕事が早く終わったので、仕事の帰りに何年かぶりで両親の家に立ち寄った。

余談ではあるが、そこは『両親の家』であって、『実家』ではない。

心の中での距離感の問題である。


これまでもしばらく距離を置き、久しぶりに訪ねてしばらく交流し、口論して距離を置く。

その繰り返しである。


そして、数年前の正月には『今生の別れ』だと覚悟していた。

2か月前に父親から電話があった。

母親が最近元気がないから顔を見せてやってほしい。そう言っていた。


おそらく彼らはこれ以上学ぶことはない。

そして私も同じことである。


お互いのわだかまりも行き違いも解消することはないだろう。

何とか前向きな形に昇華させることがせめてもの親孝行だろうと思う。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1. 人を

変えることはできないし
変えようとすることは傲慢だとわたしは考えます。

だけど自分のことは変えられる。
両親との関係から何を学ぶか、学んだか
自分でできることは沢山あります。
忙しいぜぃ、 がんばろう!

2. Re:人を

>りかさん

この記事を書きながら思ったんですが、『学ぶことはないだろう』と言うのは自ら道を閉ざしているのに他ならないということです。
どこかに、子供の頃にうえつけられた恐れなり恐怖心なりが残っていて、以前として怖いのだと思います。
認めたくはないですが、たぶん事実です。

せっかくの機会なので、活かすしかあるまい。
そう言うことです。

で、『年明けに、また来る』と約束してしまった。
めんどくせー。
だが、やるしかあるまい。

3. 無力な

子どもだったころは過ぎたから
一人のおとなとして接して
傷つくことを恐れずに乗り越えていこう。

もう無力ではないよ。

4. Re:無力な

>りかさん

意識ではわかっているんですが、無意識では抜けてないんですね。
真面目に向き合わなければ自覚できなかったことです。
プロフィール

一夢庵(M2)不便斎

Author:一夢庵(M2)不便斎
私の目の前の世界は、私が生まれてきた時に私に贈られたものである。
あなたもかつて世界を贈られたからこそ生きているのである。

私の世界は私が作り動かして行くのである。
私の世界の操縦桿を握るのは私だけ。

あなたの世界は?

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
来客者数