昨日の夜

北陸某所では、この時期に七夕まつりが開催されて、結構盛り上がっている。
昨日が最終日だったようである。

昨日の夜は台風の接近の影響で、いつ雨が降っても不思議ではない状況だった。
異様に蒸し暑くて、帰宅時の徒歩30分は、まさに汗だく、滝汗であった。
さっさと雨が降ればいいのにと思っていたのだが、遠くから風に乗ってお祭りの音が聞こえてきた。
そこで思い出した。
今日は七夕の最終日だった。

雨がなかなか降らないのは、神様の計らいだったのだろう。
たぶん、お祭りは人と神様がともに楽しみ、交流する場だと思う。
神様も楽しみにしてくれていたのだろう。
私はこのイベントに参加することは無かったが、中止にならなかったようで、何となく嬉しくなった。
神様、ありがとう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

一夢庵(M2)不便斎

Author:一夢庵(M2)不便斎
私の目の前の世界は、私が生まれてきた時に私に贈られたものである。
あなたもかつて世界を贈られたからこそ生きているのである。

私の世界は私が作り動かして行くのである。
私の世界の操縦桿を握るのは私だけ。

あなたの世界は?

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
フリーエリア
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
来客者数