目指せ! 天竺

先週はものすごい勢いで実験をしていたためにデータの整理と解析が追い付かない状態であった。
で、昨日は休む予定であったところを午後だけ休むことにして出社した。

出社していたのは数人で、仕事が一段落ついたらしく、雑談していた。
データをまとめていると、どうしても分析しておくべきものがいくつか あったので、急遽分析サンプルを作って分析していたのであるが、完全にこの結果待ちとなってしまったのである。
で、雑談に加わったのである。

面白い飲食店の話で盛り上がっていたようであるが、この店は気になりつつ入ることができないということであった。
天竺の『カレー』なるものを供する店であるが、半端じゃないほど入りにくい店構えである。

昼食は、帰宅の途中で食べに行こうと思っていたので、『気が向いたら偵察に行こうか?』と言ってみたら、『是非!』とのことだったので行くことにした。
ただし思いの他、解析の難しい分析結果が出たので、時間がかかってしまったのであるが、終わったのは2時前であった。
遅くとも昼休み中に追わると思っていたので、昼休みは解析を続けて飲まず食わずであった。
空腹もものともせず、天竺の料理について、皆に伝えるために旅立ったのである。
ちなみに交通手段は自転車である。
地図で見ると職場近くの国道を自転車で20分ほど走ると着くはずである。

『目指せ!天竺』などと妙な気合のもと、『ニンニキニキニキ』などと口ずさみながら爆走したのである。
途中、私の修行の旅を妨げるべく、妖怪たちが襲い掛かってくる(ラーメン屋とか燃すバーガーとか)。
フラフラと『ランチタイム』と書かれた中華レストランにつかまりそうになり、『上海やない。天竺や!』などと自分に言い聞かせて進む私の前に立ちはだかったのは一級河川。

国道の橋には歩道がない・・・

近くの橋まで川沿いに遡り、対岸に渡って国道に戻る。
どえらいタイムロス。

で、着いたのは3時過ぎ。
・・・閉まってた。
営業時間を確認するとランチタイムは15:00まで。
一気に襲い掛かる空腹に、あたりに漂うカレーの臭いが拍車をかける。
天竺へのリベンジを誓いつつ。秋まで生き延びてしまった蚊のようなヘロヘロ感で家路につくのであった。
スポンサーサイト

今日は久々の

休みではない土曜日。
それで、朝早く起きて朝食の傍らでPCをさわっているのである。

時報がわりにつけているTVからは、なにやら豪勢な話が・・・。

プレミアムフライデーに行きたい海外旅行

『貧乏暇なし』の私にとっては異次元の話である。
そうか、海の向こうにはそんなところがあるのか。
などと感心した次第である。

差し詰め、私の場合・・・
プレミアムフライデーに行けるのは道の駅(交通手段は自転車)。
お目当てはホタルイカ。
食いたい。だが、懐は寒い。

などと言いつつ、仕事に出かけるのである(交通手段は自転車)。

銛と藻

青磁課やマスゴミ総出でご苦労なことである。

税金を使ってくだらない茶burnをやるならもう少し面白くやってほしいものである。
夜盗の追及もガキの喧嘩程度で、仮にギャグと言われても笑えない。

現状として、この人たちはこれでお金を得ているという事は、これのプロなはずなので、せめてエンターテインメントとして半笑いぐらいできるぐらいの内容が欲しいものである。

Lykeion 3 41番さんへの回答 <3/26 追記>

ロッドで鑑定しているのは、現在の魂の年齢です。
『現在の』と書くと現時点で発現している見かけ上の年齢(本当は成人期なのに行動が幼児期 など)と混同しそうですが、見かけ上ではなく本来の魂の年齢です。

ただ、私の鑑定は、私の無意識に投影されたものを読み取ると言うイメージなので、鑑定結果が常に正しいものかどうか、わかりません。ほかの鑑定者様と、必ずしも答えが一致しないのもそこに理由があると思います。

ご自身で正解を見つけていただくための足掛かりと捉えていただけたらいいかと思います。

3/26追記
魂の年齢の鑑定を始めたころは『実際に発現している状態の相当する魂の年齢』を鑑定していましたが、今はやっていません。
鑑定するよりも自分で考えて気付くべきことだと思うので、再開する予定もありません。

とちぢ

要は『お神輿でした』。
と言ってるだけだな。

追求するほうも、そこには触れないようにかなり気を遣ったんじゃないかな?
そろそろ消されるような気がする。

何か変わるのだろうか?

私が現場労働者で、残業するかしないかは自分の都合よりも仕事の中身に左右される。
私の仕事では、7時間かかる反応はどんなに工夫をしても工夫しても7時間かかるし(反応時間を短縮するためにはいろんな反応条件を検討する必要がある。そのためにとんでもない労力をかけて実現するので『工夫』などと言うものでは無い)、その後3時間かかる処理をしなければ分解する(この部分は反応よりも比較的簡単に短縮可能であるが、あくまで『比較的簡単に』である)と言うものは、その時点では最低でも10時間かかる仕事である。当然ながら、残業は日常茶飯事である。

『電通の一件』以降、『残業=長時間労働の現況=悪』という印象操作があるように感じられる。その上でヤマト運輸の件があり、『働き方の改善』が話題になっているようであり、今年の春闘でも重要な論点のようである。

方向性自体は好ましい方向であるが、ヤマト運輸の件に関してはできる限り現場で働くドライバーさんたちの声が活きてほしいものである。どうしても歩合制な側面があるので、単に労働負荷の軽減を進められても、本音の部分では経済的な負荷になりかねないのではないかと思うのである。

私が置かれている立場においても残業が減れば楽ではあるが、目に見えて収入が減るのである。工場で働く友人の場合は3交代はしんどいが、それが無くなれば生活がしんどいのである。

現実的には、現場労働者の労働条件を議論するのは、比較的高収入のホワイトカラーたちであり、それが待遇の格差やねじれにつながっていると思うのである。
ヤマト運輸の件について、できることなら今年の春闘においては、ホワイトカラーの賃上げは後回しにしてドライバーを中心に固定給部分の大幅アップを願いたいと思うのである。

その思いの少なくない部分は、ときどき仕事の都合で配達時間に間に合わずに再配送で負担を増やしてしまう『すみません的な感情』に由来するのである。
だったら、『再配達させるな』ということである。
海より深く反省する次第である。

働くこと

何のために働くか。
それをはっきりさせてみると、打つべき手は見えてくる。

今、一緒に仕事をしているのは親子ほど年下の若者であるが、仕事をしながら話しているとそれが浮き彫りになってくるのがよく解る。
今も昔も、私は自分よりも若い世代から学ぶことが多い。
私から学んでもらえるようなことはあまり無い。あるとしても『反面教師』の領域に属することが多いように思うのである。

齢相応の自覚がなくてスマン。
いつも思うのである。

なんか  3/17追記

同じところをグルグル回っている気がする。
何年も同じところで。

回るたびにわからないことが増えていく気がする。
五十の坂でダダ滑り中。

続きを読む

ロッド鑑定を再会しました

本日よりロッド鑑定を再開しました。

思ったこと

目標が見つかったら、目指すのは良いが、それに囚われるのは避けたいものである。
プロフィール

一夢庵(M2)不便斎

Author:一夢庵(M2)不便斎
私の目の前の世界は、私が生まれてきた時に私に贈られたものである。
あなたもかつて世界を贈られたからこそ生きているのである。

私の世界は私が作り動かして行くのである。
私の世界の操縦桿を握るのは私だけ。

あなたの世界は?

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
フリーエリア
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
来客者数