とちぢ

要は『お神輿でした』。
と言ってるだけだな。

追求するほうも、そこには触れないようにかなり気を遣ったんじゃないかな?
そろそろ消されるような気がする。
スポンサーサイト

何か変わるのだろうか?

私が現場労働者で、残業するかしないかは自分の都合よりも仕事の中身に左右される。
私の仕事では、7時間かかる反応はどんなに工夫をしても工夫しても7時間かかるし(反応時間を短縮するためにはいろんな反応条件を検討する必要がある。そのためにとんでもない労力をかけて実現するので『工夫』などと言うものでは無い)、その後3時間かかる処理をしなければ分解する(この部分は反応よりも比較的簡単に短縮可能であるが、あくまで『比較的簡単に』である)と言うものは、その時点では最低でも10時間かかる仕事である。当然ながら、残業は日常茶飯事である。

『電通の一件』以降、『残業=長時間労働の現況=悪』という印象操作があるように感じられる。その上でヤマト運輸の件があり、『働き方の改善』が話題になっているようであり、今年の春闘でも重要な論点のようである。

方向性自体は好ましい方向であるが、ヤマト運輸の件に関してはできる限り現場で働くドライバーさんたちの声が活きてほしいものである。どうしても歩合制な側面があるので、単に労働負荷の軽減を進められても、本音の部分では経済的な負荷になりかねないのではないかと思うのである。

私が置かれている立場においても残業が減れば楽ではあるが、目に見えて収入が減るのである。工場で働く友人の場合は3交代はしんどいが、それが無くなれば生活がしんどいのである。

現実的には、現場労働者の労働条件を議論するのは、比較的高収入のホワイトカラーたちであり、それが待遇の格差やねじれにつながっていると思うのである。
ヤマト運輸の件について、できることなら今年の春闘においては、ホワイトカラーの賃上げは後回しにしてドライバーを中心に固定給部分の大幅アップを願いたいと思うのである。

その思いの少なくない部分は、ときどき仕事の都合で配達時間に間に合わずに再配送で負担を増やしてしまう『すみません的な感情』に由来するのである。
だったら、『再配達させるな』ということである。
海より深く反省する次第である。

働くこと

何のために働くか。
それをはっきりさせてみると、打つべき手は見えてくる。

今、一緒に仕事をしているのは親子ほど年下の若者であるが、仕事をしながら話しているとそれが浮き彫りになってくるのがよく解る。
今も昔も、私は自分よりも若い世代から学ぶことが多い。
私から学んでもらえるようなことはあまり無い。あるとしても『反面教師』の領域に属することが多いように思うのである。

齢相応の自覚がなくてスマン。
いつも思うのである。

なんか  3/17追記

同じところをグルグル回っている気がする。
何年も同じところで。

回るたびにわからないことが増えていく気がする。
五十の坂でダダ滑り中。

続きを読む

ロッド鑑定を再会しました

本日よりロッド鑑定を再開しました。

思ったこと

目標が見つかったら、目指すのは良いが、それに囚われるのは避けたいものである。

スポーツを捨てた理由

私は若い頃には手当たり次第にいろんなスポーツをやって楽しんでいたのであるが、ある時期からまじめにやるのがバカらしくなり、次第に離れ、捨てたのである。

下記リンクは、時々お邪魔するサイトの記事である。
http://soul-growth.sblo.jp/article/178991123.html

もともとスポーツにつきもののように存在する勝ち負けにはほとんど興味がないのである。
あるとすれば、勝ちの向こうの賞品であったり、勝てば次の試合ができるということである。
間接的に勝ちにこだわっていると言われればその通りではあるが・・・。

突き詰めると、勝負そのものよりも相手とのつばぜり合いが楽しくて、予想外のことをしかけてくる対手に『すげー!』と思い、さらに相手を驚かせてやろうといろいろと仕掛ける。それが面白くて仕方なかったのであるが、いつのころからか勝ち負けにこだわり、勝つために手段を択ばないような手合いが身の周りに増え始めたので、やめてしまったのである。

今思えば、その当時の自分の心の在り方が反映していただけなのであり、状況によっては自分も勝ちにこだわる人になっていたのだろうと思うのである。

そう思っていた先日、北陸某所のランニングのイベントに参加することになったのである。
真面目に走るのは久しぶりである(十年ぶりどころではない)。
とても気が重いのであるが、それ以上に体が重いのである(物理的に)。

プレミアムフライデー

経済方面の思考って馬鹿なのか、あるいは大衆を馬鹿にしているのか測りかねることがしばしばある。
早く帰宅して消費しろと言われても無い袖は振れないのである。
メディアでは盛んに煽っているようであるが、盛り上がっているのだろうか?
私の身の回りではそんな話題は皆無なのである。

余談ではあるが、労働組合の上から影響力を及ぼすのは野党(たぶん軒並み左寄り)であるが、政府与党の政策を批判したい、失敗させたいのが目的の勢力が、景気が回復したので賃金アップという政府の要望を素直に受け入れるはずがないのであり、末端の労組が真面目に賃上げに取り組む理由が見当たらないとすら思っているのである。

さて置き、3時に帰宅した後、例えば友人と食事に行く、ショッピングを楽しむ、趣味や習い事をする、などが提案されているが、当然それらのサービスを提供する者がいるわけであり、移動手段として公共交通機関を動かす人がいて、ライフラインを管理する人がいる(いくら無人化しても管理する人は必要なのである)。

で、そういう片手落ちな発想がどこから来るのか考えてみたのである。
どうも、小学校当たりの社会科までさかのぼりそうな気配を感じてしまった。
『お父さんは、会社に(あるいは役所に)行って、仕事をします(イラストからは、ホワイトカラーの仕事)』
『電車を動かしたり、道路を作ったり、工場でいろんなものを作ってくれるのは働くおじさんたち』
子供の頃、バリバリの職人でどう見ても働くおじさんの息子の私は自分の立場を理解するのに悩んだのである。
同時に働くおじさんにも家族があり、その子供からは『働くおじさん』ではなく『お父さん』と呼ばれているのであり、教科書の教える矛盾に憤りはしなかったが、違和感を覚えた記憶がある。

どうも経済の担い手は子供の社会科の言うところの『お父さん』であり、『働くおじさん』は眼中になさそうである。
簡単な理屈で大衆が操られるような時代は過ぎつつあるのだと思うのである。おそらく魂の年齢も深く関与していると思われるのであるが、世の中が波動によって二極化して離れていく兆候なのかもしれない。

などと言ってみた。

怪談のDVD

当選者の発表!

と行きたいところであるが、残念ながらご応募無し・・・。

ということで、手元に残ったので再度堪能したいと思います。

もし興味のある方がおられたら、レンタルします。

メールフォームよりご連絡ください。

少しお休みをいただきます

今日の夕方から水曜日の夜まで、帰省と出張のためロッドを一時的に休ませていただきます。
鑑定のご依頼は受け付けていますので(対応が少し遅くなるかもしれませんが・・・)、よろしくお願いいたします。
プロフィール

Author:一夢庵(M2)不便斎
私の目の前の世界は、私が生まれてきた時に私に贈られたものである。
あなたもかつて世界を贈られたからこそ生きているのである。

私の世界は私が作り動かして行くのである。
私の世界の操縦桿を握るのは私だけ。

あなたの世界は?

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
02 | 2017/03 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
フリーエリア
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
来客者数