目標とモードの鑑定モニター

多数のご応募をいただき、ありがとうございました。

本来であれば、ご応募いただいたすべての方について、鑑定したいところでしたが抽選とさせていただきました。
昨日の夜に鑑定結果を送らせていただきましたので、感想やご意見をお願いします。

残念ながら、今回当選されなかった方には意識レベルの鑑定をさせていただきました。

今後も、随時このような企画をすると思いますので、よろしくお願いいたします。

なお、鑑定結果が届いていない場合は、お手数ですが、ご連絡いただくようお願いします。
スポンサーサイト

汝の敵を愛せよ

正直なところ、無茶振りである。
私に喧嘩を売りたいのなら、買ってやるのが礼儀と言うものである。
その上で分かり合えるならそれに越したことは無い。

などと思っている私である。

昨日、所用で外出した時のことである。
概ね、どこにでも徒歩と公共交通機関で移動するのであるが、暇だったので1時間ほど歩いて目的地まで移動していた。

歩きながらふと頭に浮かんだことである。
いわれの無いことで嫌なことをする相手は、そのことでカルマを積むことになる。
いずれそれを返すべき時が来る。
同時に自分のカルマを返すときであるのかもしれない。
自分のカルマを解消するためにの協力者である。

そう思うと、嫌なことをする相手には感謝せねばなるまい。
これからは、感謝を込めてぶん殴ろうと思うのである。

ちょっと違う気もしないではないが・・・。

裏メニュー継続

裏メニューの『定期鑑定』と『その2週間後の鑑定』について。
昨年末を区切りにする予定でしたが、相当数のご依頼をいただいていることから、さらに半年継続することにしました。

ふいに思い出したこと

10年ほど前になると思うが、大型家電量販店の駐車場から出ようとしていた時のことだった。
駐車場出口が面している道路が渋滞していて、その影響で駐車場内も渋滞していて、私の車もその中にいた。
少し前に空いた駐車スペースがあり、そこに入ろうとしていた車がいた。結構手間取っていたので何度も切り返しをしていた。

仕方なくギアをニュートラルに入れてサイドブレーキを引き、カーナビを操作した。
前方から目を離すこと数秒。
何故か駐車スペースではなく私の車にものすごく接近していた。
で、『ごん』であった。
大した傷でもなかったのでどうでも良かったのだが、ぶつけた相手(若い子連れの女性)がどうしてもと言うので警察を呼び、その後保険の手続きをとってもらった。
しばらくして、その人が加入している損保(≡#系の会社)から電話があった。
その時の状況を聞かれて、『前方から目を離したのはどれぐらいの時間ですか?』と聞くので、『測ってなかったからわからない』と答えた。
『責任の評価には使わないので、大まかなところでいいので・・・』と言うので『どんなに長く見積もって10秒も経っていなかった。』というと、『10秒』の部分だけを切り取って、シッカリせきにん範囲の評価に使ってきた。
その後、不毛な押し問答が続き、加害者の旦那が登場。こいつが頭筋肉の少しDQNだった。
こっちが言うことを理解どころか聞きもせず、『10秒も目を離していたくせに、被害者面するな!』などと怒鳴り出す始末(電話越しに)。出張中にも頻繁に携帯に電話してくるし、めんどくさくなって修理費を折半で手を打った。

ときどき思い出しては嫌な気分になっていたものである。
何より、電話だと手が届かないので拳で語ることもままならなかったあたりが・・・。
今は、あの時に何かのカルマが作用したのだと思うのである。
いろいろと思い当たる節が無いわけでは無いので・・・。

幸せって何?

もうすぐ50歳になろうとするおっさんが書くようなタイトルではないが、ふと思いついたことである。

まじめに考えたことが無いので、具体的に思いつかないのである。
とりあえず私は心が満たされることである。
決して欲望が満たされることではないということは確かである。

若い頃から欲望のほうを煽られてきたが、いつも違和感があった。
昔の映画『ゼイリブ』というのがあったが、そんな感じだったのだろうと思うのである。

今、一番心が満たされるのを感じるのは、幸せそうな人を見ることである。

モニター募集のお知らせ (追記あり)

『戦士』で、とりあえずオーバーリーフのうち、『目標』と『モード』について書いたのであるが、当初の予定では残りの『態度』と『主特性』について書いてから鑑定を始めようと思っていたが、このペースではいつになるのかわからないのである。
そこで、『目標』と『モード』について、鑑定できるものなら受け付けようと思った次第である。

現状では鑑定できるのかどうなのか、定かではないのでモニターを募集することにしたのである。興味のある方は、下記の通りご応募ください。抽選で5名程度ですが、鑑定結果に対する評価(妥当なのかどうなのか)と感想を送っていただける方に限らせていただきます

募集期間:1/27日まで(5名+αとなるようにこちらで抽選します)
応募方法:ロッド鑑定依頼の手順に従って、メールフォームからご応募ください。タイトルは『モニター』でお願いします。
注意事項:応募の際は必ず1~10の番号を適当に選んで一つ明記してください。
当選者発表:当選された方についてはメールにてお知らせします。


<追記>
番号は抽選に使うので任意で選んでください。
あと、当初は丸数字(①、②、・・・)でお願いしまいましたが、文字化けする場合があったので半角数字でお願いします。

ガキ

ぐれんの記事『馬鹿発見』を読んで思ったことである。

こいつ、馬鹿と言うか、ガキだな

前職場で、この手のガキを嫌と言うほど見てきたのである。
総じて高学歴で、一応『優秀』という事なのでそれなりの地位にある。
若気の至りで、自分に火の粉がかかればそれなりの対応をしたものである。
その結果、子会社に出向となったわけである(結果的に好い方向に進んだのであるが)。

当時の私は『良い悪いの価値観』で判断していたので自分自身もかなり拙いことになっていたと思うのである。
たとえ相手がガキであっても、その状態では相手と同レベルなのである。
今は、そこから離れる道を見つけてそこを進みつつある(時々、元の常態に戻りつつであるが)。

昨年末に前職場との合同の研究発表会があり、その後の懇親会での個人的な会話での中で『こっちに戻ってくる気はないですか?』と聞かれたのである。それも一人や二人ではない。
近くにいたこっちでの同僚が笑いながら、『それでは、うちは困りますよ』などと言っていたが、ここだけを切り取ると『引っ張りオクトパス』な状態である。
実情は、単に労働力が欲しいだけであり、半年も経てば私を持て余すのは目に見えている(こっちでは、今のところもてあまされていないようである。・・・と信じている)。それに、これまでのこともある(根に持っているわけでは無いが)。何事もなかったようにできる神経が理解できないし、理解できないものは恐怖でもある。

で、冒頭の記事を見て辿り着いた結論。

ガキとは言葉が通じない
言葉が通じなければ拳で語り合うのみ(会社員的には不可)


それにしても2chの賢者たちの対応は大したものである。
拙者には到底まねできません。

受付用メールアドレスの変更

ロッド受付用のメールアドレスを変更しました。
新しいアドレスは下記の通りです。

ichimuanm2@@gmail.com
(@を一つ削除)

なお、メールフォームはこれまで通りです。

新年

今年は、というか毎年であるがニワトリに起こされる元日であった。

今年は酉年なので縁起が良いのかも知れない。

肩にのっけてPCをさわっていたら、肩にとまったまま用を足したらしく、背中に何やらベチョッと感触があった。

酉の運がついて縁起が良いのかもしれない(早速ふき取ったが、これは『運を逃がさないため、すぐに取った』と言い訳をしておく)。

などと言いつつ酔っぱらっている。

カルマについて思うこと

ロッドで確認もしていないし、確固としたカルマに対する定義やイメージを確立していないので、あくまで思いつきの範疇を超えるものではないのである。

カルマについて考えたのであるが、私は若年期であり、何某かやらかしてカルマを作り、その後転生してカルマを解消するという経験を重ねることになると思うのである。成長の上で必須なことである。たぶん。

私がカルマを作る時、その『被害』を被る相手は、その時に過去に作ったカルマを解消(一括返済か分割払いかは知らないが)するのだと思うのである。このようにしてカルマは『循環』するのだろう。

もし私がカルマを解消するときに、せめて『大難を小難にする』ことのできる波動を獲得していたら、被害の規模を軽減でき、その時の『加害者』となる相手のカルマの規模を軽減できるのかもしれない。
現実的には『大難を小難にする』ことのできる波動を獲得している人は多数派ではないのではないかと思うのである。むしろ『小難を大難にする』ということのほうが多いのかもしれない。
その場合、地球上のカルマが増大して、地球の波動上昇に地球自身がついていけないのではないかと思うのである。その結果、地球がいくつかに分かれる(希望の金星、絶望の地球、滅亡の火星 とか)のかもしれないと思うのである。


依然受け付けていた鑑定メニューに『パラレル世界の数』があったが、何らかの課題をクリアし、克服すべきことを克服すればパラレルは統合する。そして、パラレルを統合するという事は波動を上昇させるということと同じ方向にあるということだったと思うのである。

これを地球に当てはめて考えると、地球がいくつかのパラレル分離を起こしているのが今の状況ではないだろうか?
そう思うのである。そうだとしたら、『地球よスマン』なのである。

私は若年期で、どちらかと言えばアホなので、この先もやらかしてはカルマを作るのだと思うが、その際はやらかしっぷりに細心の注意を払うべきではないか、そう考えるのである。

ただし、具体的にづすればいいのかは、今のところ全く分からないのである(アホなので)。
とりあえずは、『客観視』と『感情に飲み込まれないこと』それを頼りにするつもりである。
プロフィール

一夢庵(M2)不便斎

Author:一夢庵(M2)不便斎
私の目の前の世界は、私が生まれてきた時に私に贈られたものである。
あなたもかつて世界を贈られたからこそ生きているのである。

私の世界は私が作り動かして行くのである。
私の世界の操縦桿を握るのは私だけ。

あなたの世界は?

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
フリーエリア
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
来客者数