植物との共生(11/9 追記あり)

昔、読んだ本で『植物との共生』という本があった。
植物学者が書いたエッセーのような本だったと思う。

はなさんのブログ『honey B's』のこの記事を読んで、この本のことを思い出したのである。

サフランの模造品(かなり粗悪な物)の調査を依頼されたことから始まり、サフランについての植物学的な解説、最後は美味しいサフランライスのレシピなどの話題が書かれていたのを覚えている。
とても気に入っていて、何度も読み返したのであるが、どこに行ってしまったのかわからない。
自宅を探したが、見つからず、北陸某所のアパートにもなかったように思う。

・・・残念。

<11/9 追記>
amazonで、1円で売っていたのを見つけてついつい買ってしまった。
その後、友人から『長々と借りパクしてて、すんません』というメッセージとともに郵送されてきたのがこの本であった。
貸していたのを忘れていたのである。
結果、少し傷んだ中古が2冊・・・。

ということで、この本に興味のある方がおられたら、抽選で1名様に差し上げます。
メールフォームから『植物との共生』というタイトルでメールを送ってください。本文無しで結構です。
11/12まで受け付けます。
スポンサーサイト

ジョン・メレンキャンプ

アメリカのロック歌手で、昔から好きなのである。
https://nortonsafe.search.ask.com/web?q=%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%80%80%E3%83%A1%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%97&o=APN11910&geo=ja&prt=&ctype=&ver=&chn=&tpr=121

特に好きだった『to M.G. (Whereever She May Be)』と言う曲を久々に聞いてみた。

1980年ごろの曲で、テレビで観ていた映画で10代のころに付き合っていた女の子とよく似た女優を見て、その女の子のことを思い出し、当時の恋に思いを馳せ、自分の知らない相手と結婚したその人の幸せを祈るという内容だったと思う。

just watching the time grow(成す術もなく時は流れ・・・)

この曲はジョンが30歳ぐらいの頃の曲だったと思う。
数年前にリリースされた4枚組のCDに当時の2倍ぐらいの齢のジョンが歌いその曲が収録されていた。

just watching the time grow(成す術もなく時は流れ・・・)

この言葉の持つ意味と重みは全く違うものになっている。

それは、私にも言えることである。
初めて聞いた当時、この曲に重ね合わせた思い出や流れて行った時間は、その時と今とでは比べようがないのである。
詳しくは書かないが、書いた時は私に『死亡フラグ』が立った時だと思う。

成す術もなく時は流れ、老眼と腰痛が付きまとい、体力の衰えを感じる今日この頃。
そんな風に感じるのは、私の魂がまさしく若年期だからであると思うのである。

じぷきん

ifさんのブログ『ぐれん』の記事(→リンク)で思い出して、youtubeで探してみた。

ホテル・カリフォルニア⇒リンク
ワン・ラブ⇒リンク

猫と鶏の動画

たまらん
◎猫



◎チャボ


ジョン・マイケル・モンゴメリー

私が若いころ、もっぱら洋楽を聞いていたのである。
気に入ったものを手当たり次第に聞いていたので、全く詳しくはないし、何かを語ることはできないのである。

さておき、UHF局を中心に、洋楽のPVを流す番組があちこちで放映されていた時代があったのである。
よく観ていたのであるが、『All 4 one』と言うボーカルグループの『I swear』と言う曲のPVを観て、自分の好みのジャンルではないものの何か好ましい物を感じていたのである。

その少しあと、別な番組でも紹介されていたのであるが、それが『ジョン・マイケル・モンゴメリー』と言うカントリー歌手の歌のカバーであるということを知った。さらに嬉しいことに、オリジナル曲のPVが放映されたのである。

ジョン・マイケル・モンゴメリー 『I Swear

これを聞いた私は、惚れてしまった。
たまたま立ち寄った店でCDを見つけたので買ったのであるが、その中に収録されていた曲がとても気に入ってしまったのである。

ジョン・マイケル・モンゴメリー 『Rope the Moon

今でも好きでよく聴いているのである。
少し疲れている時などは、泣けてしまうこともある。

それだけじゃ~。
プロフィール

Author:一夢庵(M2)不便斎
私の目の前の世界は、私が生まれてきた時に私に贈られたものである。
あなたもかつて世界を贈られたからこそ生きているのである。

私の世界は私が作り動かして行くのである。
私の世界の操縦桿を握るのは私だけ。

あなたの世界は?

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
フリーエリア
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
来客者数