老い  その②

寝起きでスマホの文字が読めない。

この曲の錆部分が堪える。
スポンサーサイト

老い

今日は酷めの腰痛のため、午後から休みをもらって応急処置をして帰省した。
仕事帰りに、時間に余裕があったのでかねてより気になっていた老眼?対策の一環で、通勤途中にあるメガネ屋さんに立ち寄った。
視力検査をしてもらうと、間違いなく老眼である。
老眼?ではなく老眼である。

老眼、そして腰痛。
なんか、ジジイである。

帰省の電車の中でウォークマンで音楽を聴きながら本を読むのであるが、今日はジプシーキングスを聴いていた。
Trista Pena』と言う曲の錆の部分がとても気になったのである。

いや、気にし過ぎか。

ハゲの定義

現職場の人たち、何故かハゲネタが好きなのである。
酔っぱらうと、ハゲネタで盛り上がること屡々。
先日の飲み会もハゲ談議に花が咲いたのであった。

ちなみに私の出身地である近畿地方某所ではハゲという言葉の守備範囲がやたらと広いのである。
通常のハゲに加えて、丸刈りやスポーツ刈りなども『ハゲ』でくくられてしまうのである。
だから、えびぞうは当然ハゲである。
トラディッショナルな高校球児も当然ながらハゲである。

さらには『お前、ハゲか!』などという罵り言葉まである。
東京あたりでは『お前、何やってんだよ!』的なところであろうか?
例えば、野球をしていて、1アウト満塁あたりで内野ゴロを打ち、ダブルプレーをされようものなら、確実にきつい口調で『あなたはハゲですか』と聞かれるのである。

いわゆるハゲ(天然もののハゲ)に対してスキンヘッドや丸刈り(天然ものに対して、養殖物のハゲ)をまとめてハゲというのは百歩譲ってわからないでもない。
罵り言葉のハゲはどこから来たのであろうか?
まさか、ギャグで滑る⇒ツルツル⇒ハゲというつながりではあるまい。

もしそうなら、その語源自体が滑っているのであり、『お前、ハゲか!』なのである。

私が生まれ育った関西某所は、子供のころはめったに雪が降ることはなかったのである。
冬は寒く、空気が乾燥していた。
だから雪が珍しく、まれに雪が降ると嬉しかったものである。
そして、そのまれな雪も数分降って止み、子供心に『はかない』という感覚を持っていたのである。

そんな子供時代を過ごした私は、雪の日には中途半端にテンションが上がるのである。
そして、北陸某所で過ごすこの冬は、『ごちそう様状態』になるまで雪を堪能できると思っていたのである。

今年は『ザ・倅』のせいで雪が極端に少ないようである。
この3連休も連日の雪の予報であった。
だがしかし、朝になって今日と明日は『曇り/雨』に変わっていた。
だがしかし、来週の天気は今のところ、ほとんど『曇り/雪』である。
さすがに、いくら私でも雪の中を30分ほど歩いて通勤するのはげっそりである。

今年も完封ならず!

年賀状を自発的に出すのを卒業してからかなり経つ。
数年前から1枚も届かない『完封』を目指している。

今年は3枚。
1枚は保険会社の営業の人なので、これはカウントから除外しても構わないかもしれない。
1枚は元同じ職場の同僚。勤務地が変わったのでそのうちフェイドアウトすることだろう。
残りの1枚は学生の頃の研究室の師匠。

たぶん師匠は年賀状的にフェイドアウトすることはないだろう。
両親とうまくいってなかった学生時代にとてもお世話になった方である。
いつまでも元気でいてほしいと思うので、年賀状完封の願望はしばらくかなわなくてもいいのである。
プロフィール

一夢庵(M2)不便斎

Author:一夢庵(M2)不便斎
私の目の前の世界は、私が生まれてきた時に私に贈られたものである。
あなたもかつて世界を贈られたからこそ生きているのである。

私の世界は私が作り動かして行くのである。
私の世界の操縦桿を握るのは私だけ。

あなたの世界は?

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
フリーエリア
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
来客者数