態度

私の『態度』は、おそらく『貪欲』である。
前世で、遊牧民族のシャーマンだった頃、自分の所為で部族が全滅して愛してやまない人たちも、大切なものも、すべて失った経験があるらしい。
それは今も魂に『トラウマ』として刻まれている。

おそらく私の『態度』は、そのトラウマとの闘いなのである。
そう思ってみた次第である。
スポンサーサイト

貴重なもの

ときどき、仕事の案件で前職場の人が現職場に来るのだが、どうも人材不足(というよりも労働力不足)らしい。
机に座って頭の先で四の五の言う人(大半は・・・残念)は多数いるが、実際に手を動かす人の数は限られている。

私はこれを『船頭多くして・・・(以下略)』と呼ぶ。

で、前職場の人が来るたびに私に言うのである。

一夢庵さん。こっちに戻ってきたい希望はないですか?

そのたびに『無いです』と即答するのであるが、その頻度の多さに少し引くのである。
機嫌の良い時には・・・

希望とは星の光のように遠くて小さいものです。
でもそれは、月のように欠けたり無くなったりはしない。
だから、希望を抱く者は暗い夜にその光を見続けなければならない。
俯く者にはそれを見ることはできない。


などと、わけのわからないことを言って、煙に巻くのである。

私のような下っ端サラリーマンは、会社の都合で『手品で出されてイカサマで消される』ような扱いを受けるのが常なので、さほど遠くない将来に呼び戻されるかもしれないと思っている。

期限は切られていないが、いずれはここを去らなければならない。それをリアルに感じている。
時間を意識しないと、時間の貴重さを思い知ることは無い。
私がここにいる時間が限られている。それをしっかり自覚することで、これからの私の時間はこの上なく貴重なものになったと思う。

前職場の人に対して、これまでの関係を考えると『どの面を提げて・・・』という気持ちは今もある。
一方で、私に『時間の貴重さ』をもたらしたのは、まぎれもなく彼らである。
そこは感謝すべきだと思う。

などと言ってみた。

口の利き方には気を付けたほうが良い

東北の地震からかなり時間が過ぎているが、いまだに復興が完了していない。

東京あたりで政治や経済にかかわる人達の本音って復興大臣の不適切発言に近いところにあるのではないかと邪推している。
少なくとも『人ごと感』が垂れ流され続けているように見受けられる。

少なくとも、国政に関わる人は口の利き方には気を付けたほうが良い。
あるいはこのドタバタの陰で何が進むのだろう?

たぶん

古代中国』に書いたことは、『風の声を聞く男(ここここ)』に書いた前世でのトラウマに真剣に向き合った(克服した覚えはない)結果として出現した前世ではないかと思う。あるいは、克服するための来世かもしれない。

などと妄想してみた次第である。

古代中国

昔から古代中国が気になっていて、三国(魏、呉、蜀)以前の歴史小説を好んで読んでいた。
あと、『西域』と呼ばれていた地域も気になっていて、これらの地域や時代に前世があるのだと思っている。
おそらく、前に書いた『風の音を聞く男』は『西域』でのことだと思うのである。

さて、私の前世カードの結果であるが・・・

報われない愛
戦争と戦い
農場


である。

そこにどんな前世があるのか、しばらく考えていた。
先日見た夢はそれを暗示させるものではないかと思うのである。

周王朝の支配力が衰え、各地の諸侯が領土争いに明け暮れた春秋・戦国時代。
その頃の前世として、戦国時代に活躍した『孟嘗君 田文』であったことをロッドで調べたことがあった。
この夢で見たのはその100年ほど前。
春秋から戦国時代に移り、戦乱は殺伐さを増して庶民の暮らしは『塗炭の苦しみ』と言われるほど過酷な時代であった。

私は魏の片田舎の村に、農家の三男として生まれ、幼いころから畑仕事をしていた。
ある日、魏で遊学していた学者に出会い、彼の下で働き、学ぶことになった。
その学者は、『雑家』に分類される教義を持ち、『墨家』に近い思想を持っていた。
何よりも仁と義を重んじた。
20年近く経ち、私はその学者の後継者として頭角を現していた。
その間にも諸侯たちは領土争いを繰り返し、庶民は踏みにじられ続けていた。
諸侯たちにとって、理想的な平和とは自らが『覇者』となって戦乱を調停するということであり、庶民たちはそのための駒でしかない。
私は、庶民たちを救うことがひいては祖国のためになると信じて、そのために学問にはげみ、政策として昇華できる見込みを得て魏の王のもとに『説客』として、自分の政策を論じた。
私にとっては『民あっての国』であり、王にとっては『国あっての民』である。
私の政策は『妄言』と見做されて追い返された。
その後、諸国を『説客』として巡って遊説を続けた。
私にとって、国王や諸侯への遊説は『戦い』であり、それを支えたのは乱世への怒りであった。その裏にあるのは理想とする世界に対する希望と、自分を風汲めた庶民に対する愛情であったが、晩年になるまでそれに気づかなかった。
長い遊説生活の末にそれに気付いた。

戦乱の中心から外れた位置にある大国である楚の田舎に移って自給自足の生活を始めた。
温暖な気候のおかげで飢えることなく暮らしていき、難民・流民が集まり、一つの社会を形成するようになった。
そこで教場を開き、自分の持つ学問と政治思想を教えつつ助け合って暮らした。
一生をかけて救えたのは、その数十人の人たちだけであった。


かなり長い夢のようであったが、ほんの数時間の夢であった。
数十人しか救えなかったというよりも、自分のできることはやり切ったという満足感と、後は次の世代にゆだねたという感覚が残っていた。
プロフィール

一夢庵(M2)不便斎

Author:一夢庵(M2)不便斎
私の目の前の世界は、私が生まれてきた時に私に贈られたものである。
あなたもかつて世界を贈られたからこそ生きているのである。

私の世界は私が作り動かして行くのである。
私の世界の操縦桿を握るのは私だけ。

あなたの世界は?

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
フリーエリア
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
来客者数