ロッド鑑定受け付けます。  9/3更新

『主特性』の鑑定を追加しました(9/3)。

鑑定よりどりセット
1件500円の鑑定をセットでご依頼いただくと、割引価格で鑑定します。セット名とご希望の鑑定をご依頼ください。

◯2件よりどりセット:800 円
◯4件よりどりセット:1500 円
◯6件よりどりセット:2000 円
セットでご依頼いただくのは一人の方に対する鑑定に限らせていただきますので、ご注意ください。
<例>Aさん、Bさん、Cさんについて魂の年齢、役割、目標、モードを鑑定 の場合
4件よりどりセット×3
×6件よりどりセット×2

対象となる鑑定は以下の通りです。
魂の年齢役割目標モード態度主特性意識領域(OSP)、、意識レベル、、新地球/旧地球意識の方向

前世カードの結果の鑑定(7/20追加)
◯1件につき1500 円
まず、カードで示された前世の有無を鑑定します。こちらは無料です。
前世がある場合は、カード結果の鑑定に進むことができます。
詳しくはこちらをご参照ください。

魂の年齢鑑定
魂の年齢、段階と役割、目標、モード、態度(詳しくはこちら)について鑑定します。

◯魂の年齢:1件につき 500 円
 『魂の年齢』と『段階』を鑑定します。
◯役割:1件につき 500 円
 『役割』を鑑定します。
◯目標:1件につき 500 円
 『目標』を鑑定します。
◯モード:1件につき 500 円
 『モード』を鑑定します。
◯態度:1件につき 500 円
 『態度』を鑑定します。
◯主特性:1件につき 500 円
 『主特性』を鑑定します。

夢鑑定
気になる夢の内容をお知らせいただき、その解釈についてロッドで検証します。

◯夢の解釈と検証:1件につき 2000 円
 夢の内容をお聞きし、その解釈およびロッドでの検証を行います
◯夢を解釈した内容の検証:1件につき 1000円
 夢の内容について、ご自身で解釈した結果をロッドで検証します

心の基礎体力と柔軟性
レーダーチャートを希望される方はその旨、明記してください。
(携帯やスマホで表示されるかどうかは保証しかねますのでご了承願います)

◯心の柔軟性鑑定:1件につき 1500円
 柔、軟、留、受の4つのパラメータを鑑定します
 詳しくはこちらをご参照ください(→リンク
○心の基礎体力鑑定:1件につき 2000円
 思、考、忍、耐、解、決の6つのパラメータで心のバランスを鑑定します
 詳しくはこちらをご参照ください(→リンク
基礎体力、柔軟性を同時にご依頼いただくと3000円(500円割引)でお受けします

意識領域、意識レベル、新地球/旧地球 鑑定
○意識領域鑑定(OSP鑑定):1件につき500円
 現在の意識領域(オリオン、シリウス、プレアデス、スマル、枢)を鑑定します
○意識レベル測定:1件につき500円
意識レベルの数値の測定を測定します
○新地球/旧地球鑑定:1件につき500円
 現在の境地が新地球、境界線、旧地球にあるのかを鑑定します。(→リンク
○意識の方向鑑定:1件につき500円
 現在の意識が新地球に向かっているのか、旧地球に向かっているのかを鑑定します。
 (→リンク
◯波動鑑定:1件につき 1500円
 上記の4項目について鑑定します。
 同時に3名以上のご依頼の場合、3人目以降は1件につき1000円でお受けします。
 (例:5名分のご依頼の場合は、1500×2+1000×3=6000円)

盲検鑑定
 こちらの記事をご参照ください:ぐれんの記事『盲検テスト(リンク)』
 選択肢2~5個までの質問を受け付けます。質問は3件以上でお願いします。
 同時に3件以上でも、鑑定結果を受けてメールでやり取りしながら3件以上でも結構です

<鑑定料>
 3件で700円、5件で1000円、以降は1件の追加につき100円
 優先順位(上位3つ)を付ける場合は1件につき、100円追加
<ご依頼に際して>
 選択肢の記号(A~E)とその内容+『その他』を書いたメモをご用意ください
 選択肢の内容については私に知らせないようお願いします

受付を終了した鑑定
○総合鑑定
◯意識レベル10年鑑定
◯パラレル世界鑑定
○魂の年齢 総合鑑定

7/21追記:こっそりメニュー追加
○Orion's Gate読者様向けの裏メニュー
詳しくはこちらの記事の青字部分をご参照ください。

続きを読む

スポンサーサイト

危険な運転への対策

このところ、危険な運転によるトラブルや事故が頻繁に報道されている。
実際に増えているのか、報道が増えているだけなのかいまいちよく解らない。

で、今朝テレビを見ていたら危険運転に対する対策に一つとして、ドライブレコーダーが挙げられていた。

必須だそうである。
速度を記録できる機器がおすすめだそうである。
できれば前後に2台つけるのが良いそうである。

へそ曲がりな私はついつい

この一連のニュースによる経済効果はどれぐらいの規模だ?

などと思ってしまうのである。

注)直接対応する場合は仕返しする気がなくなるまで殺ってやってしまう。などという一夢庵的なものは無かった。

拙者、傾奇者ゆえ

通勤時のネタで思い出したのは、混雑した社内で新聞を広げるオヤジ。
私は傾奇者の所為か、性格が悪いせいか、その両方かわからないが、いたずら好きである。

その日はその親父の新聞の向こうで顔に新聞がかぶさって迷惑そうにしていたOL風の女性がいて、何度も押しのけようとして無視され続けているようだった。
ふとからかってやろう(当然オヤジを)と思って、ポケットからメモを出してオヤジの新聞をあからさまに覗きながらメモを取ってみた。気付いたオヤジはそれを阻止するかのように新聞をすぼめた。
メモのページを変えてこちらから見える面の記事を目持っていると深いそうにため息をついて新聞をカバンに入れてしまった。

ケチ!

オヤジにボソッと言ってやったが、聞こえないふりをしているようであった。

その後、数日その親父の横に立って同じことを繰り返したのだが、やがてそのオヤジを見かけなくなった。
面白くもなんともない通勤時の娯楽を無くして困ったのは言うまでもない。


そこで思ったのであるが、前職場の上司とのいざこざも、私ののようなイタズラ好きな性質が関与していることも否定できないのである。だがしかし、そこに職権を持ち込むのは反則であり、反則負けである。
などと一夢庵ルールを適用するのである。

歩行中も・・・

運転中に追いこされて腹を立ててトラブル。相手がジジイだったのが原因かもしれませんが(勝てそうにない奴は相手しない)、怖いですね。
http://news.nicovideo.jp/watch/nw3020710

ニュース映像を見ると、『右翼=頭がおかしい』という印象付けをする(他の場で愛国者=右翼という印象付けとセット)というのが目的かもしれないので、そういうことなら職務完遂という事だろう、とも思った次第である。

ところで、前職場にいたころ、出勤時の電車の乗換え(JR同士のホーム移動)が、ダッシュして移動ですぐに乗るか10分ほど待つかというタイミングで、ついついダッシュを選択していたのである。

降りるときに私の前にするりと割り込み、私の前を走っていた若造がいたのだが、遅いので横から抜いていこうとしたときに体当たりをかまされたことがあったのである。

1回目:不意を突かれて微妙に体制を崩す。
2回目:重心を下げて対応したので、反動で若造が弾き飛ばされる。

その後、電車の中で難癖をつけてきたのだが一蹴してしまいました(詳細略)。
他にも歩いていて抜かれると腹が立つような人多数を見かけたことがるが、その感覚がいまいち理解できないのである。

長年の酷使の祟り feat. 体重増

昨日は、地元のイベント『リレーマラソン』に参加したのである。
私の出番は2km×2回。

2~3kmほど走るとふくらはぎが攣る。
右のアキレスけんが痛い。

体重増に加えて長年の酷使が祟ったのである。

何が言いたいの?

私は言葉と言うものをほとんど信じないで生きてきたのである。
それは言葉は正直に心を表現するよりも、新お心を隠す役割のほうが多いからであった。
科学系の仕事をして、さらに信用したくなくなってきた昨今である。

君はその言葉で何を表現しているの?

とりあえず仕事で経験を積んでいろんな専門用語や技術的な用語を覚えて乱用するけれど、そこにどんな意味を込めているの?
経験だけでろくに知識での裏付けをせずに生きてきた人は適当にその言葉を使う。
高学歴で自分の専門分野以外に興味を示さない人は用語だけはたくさん持っていて雑に使って混乱させる。

前職場では会議のたびにそれを指摘していた。
まともな議論がしたいから。
前職場は雑に専門用語を投げ合う言葉の遊びを議論と呼んでいた。

その○○と言う用語について、教科書的な意味は知ってるんですが、あなたはそれをどういう意味で使っているんですか?

会議のたびにそういう質問をするのであるが、筋の通った具体的な答えを返せる者はほとんどいないので、『すぐにキレて揚げ足を取る』、『重箱の隅をつついて人を攻撃して楽しんでいる』などと言われて、ガキ管理職がそこに加担する。それが前職場であった。
現職場でもときどき同じことをするのであるが、会議の後でその関係者につかまり囲まれるのである。
で、質問攻めである。漠然と使っていた言葉の意味を精製するために小一時間ばかり話し込むのである。
その間自分の仕事が止まるのであるが、それ以上の価値があるのは言うまでもない。

先日、前職場の管理職が現職場に来たついでに私に会いに来たのであるが、

一夢庵さんは、丸くなったようですね(体型ではない)。それとも猫をかぶってるんですか(わらい)?

『わらい』の部分は『哂い』や『嗤い』かもしれない。適度にスパイスの利いたジョークだと思っているのかもしれない。

ここで私は何でもかんでも肯定されているわけでは無いですが、まともな議論ができるので、ブチ切れる理由がないんです。
今まで、ガキの屁理屈程度の話を議論と呼ぶような世界にいたので、ここにいると穏やかになるのは自然の摂理です。


ついつい本心を言ってしまったのである。一応図らずも言ってしまったのではあるが、そこには『わざと』という空気もないではないようにも思うのである。
できることなら、これで気を悪くしてもうしばらく『帰ってきて欲しくない』と思ってもらえれば幸いである。

許容範囲

昨日は自宅から北陸某所に移動したのであるが、サンダーバードの一人席が取れたのでラッキーであった。
車両の一番前と2番目の2席だけなのであるが、後ろは乳児を連れた若いお母さんであった。
ベビーカーをたたんで私の席の背もたれと壁の間に立てかけたのだが、壁と席の隙間が広めなために私の席の方にはみ出していた。別に構わないのだが、車輪がちょうど私の顔の横に来るのである。
おそらくトイレにも入った車輪である。顔の横にあるのは嫌である。少しズラしてくれたら問題はない。
で、少し押し戻したらそのお母さんは慌ててひっこめた(降りるときに少し睨まれたが知ったことではない)。

通路を挟んで隣の席にいたBBAが『少しぐらい我慢してあげてもいいのにねぇ』などと思考をダダ漏れさせていた。
後ろの席で、乳児がぐずって大きい声を出そうが、背もたれをドスドス蹴ろうがそこは許容範囲である。
汚い(と思われる)車輪を顔のすぐ横に置かれるのは許容範囲ではない。
思考ダダ漏れBBAも許容範囲ではない(さっさと̪氏んでほしい)。

小さい子供がいるのに!
優しくない!

などと言われても知ったことではない。
人でなしと言われても結構。

などと言ってみた。

魂の年齢に関して

ここで鑑定している魂の年齢は『魂のチャート』の定義に基づいて鑑定しています。
鑑定の初期のころは私の中で本質的な年齢なのか、発現している年齢なのか、定義があいまいだった部分もあったかも知れません。
ただし、ロッド鑑定は何かの値を正しく読み取るようなものではなく、依頼者様の潜在意識にアクセスしてそこから何かを感知してそれを解読すると言うイメージで進めていますので、多少のズレがあったり再現性が不十分という事は十分にありますので、その点についてはご承知おきください。

また、人生の途中で魂の年齢が上がるのかというご質問を受けることがしばしばありますが、それはありませんし『飛び級』もありません。一生を終えた後でその人生を評価し、どれだけの経験を積んだかによって年齢がどれだけ進むのかが決まるという事です。冒頭に書いた通り『魂のチャート』に書かれている定義に従った結果です。
なお、これは『本に書いてある事が正しいのか?』、『本に書いてあることを鵜呑みにするのか?』という事ではなく、『本に書かれていることに基づいて定義する』という事ですので、その点については十分に差をとっていただくようお願いします。

最後に、魂の年齢は高ければ高いほうが良いという訳ではなく、魂の年齢た単なる経験値の多寡にすぎません。これも『魂のチャート』に書かれているように、経験を重ねて乳児期から老年期まで成長して物質界を離れるという『ゲーム』で、そのゲームをより面白くするために課題や障害を設定して人生の難易度を適当に設定しているという事です。従って、魂の年齢を上げるために努力精進するというのは本末転倒かもしれません。それよりも人生の中で物質界をしっかりと経験するという事が目的に適っていると思います。

<鑑定者様へのお願い>
魂の年齢の用語を使って鑑定されるのは自由ですが、独自の定義を乱立させると、お客様が混乱する原因となりますので、その点について十分なご配慮をお願いします。

にわとり

ノートPCをいじくっている私の周りでニワトリがいろいろと話しながら歩き回っている。
塩味をつけていない素焼きのカシューナッツをかじりながらPCをさわっているのだが、ナッツはニワトリの好物の一つである。

時折、にわとりは私の横に来て顔をのぞき込みながら伸びあがって期待に満ちた目を輝かせる。
砕いたカシューナッツを差し出すと嬉しそうに食べて、歌いながら(ぽっぺぺぽー)歩いていく。
菜っ葉が食べたくなると顔をのぞき込みながら『はっぱっぱ』と言う。

涙が出そうになるぐらいかわいい。
これは犬さんを喪った時の悲しい涙とは違うものである。
深い愛情を喪うことで、身の回りに満ち溢れる愛情を知るのである。
これを知らずに生きるのはさみしいことである。
そう思うのである。

立ち直り中②

物質界に生きるものには感情がある。
それはおそらく物質界に特有のものではないかと思うのである。

なぜそんなものがあるのか。
これは私にとってなぜネガティブなものが存在するのか、と言う疑問とともに圧倒的に巨大な謎の一つであった。
今回の犬さんとの別れの中で、その答えの小さな欠片が見つかったと思うのである。

感情は人の心を成長させるためのツールだろうと思う。
大きく感情が揺さぶられたとき、心はその体験を通して何かを学ぶ。
感情の特性としてポジティブな感情よりもながてぃぶな感情のほうが大きく増幅しやすいようである。
激しい怒りや深い悲しみは比較的簡単に生まれるが、それと同等の喜びや幸せを得るのは簡単なことではない。
その感情を乗り越えて糧にして、心は大きく成長する。


私自身のことはよくわからないが、家内や息子は犬さんとの別れを通して心が大きくなったようである。
誰もが悲しみや怒りの克服を糧にすることができればこの物質界はもっと簡単なものになり得ただろう。
それでも学ぶにはインパクトが足りないものも少なからずいるだろうと、個人的には思うのである。

彼らの学びのために枢というものがあるのではないだろうか。
有頂天のスマルから奈落の底に叩き落される。
それ程のショックがなければ学ぶことができない。
その体験をさせるために人をスマルに導く者としてのネガティブが存在するのではないだろうか。
絶望の淵に叩き落すための存在としてネガティブと言うものが存在するのではないだろうか。
そんなことを思うのである。

スマルから叩き落されて、それでもなおかつ学べないものも相当数いると思うのであるが、哀れなことである。
彼らの魂が、いつか救われることを祈らずにはいられないのである。
プロフィール

一夢庵(M2)不便斎

Author:一夢庵(M2)不便斎
私の目の前の世界は、私が生まれてきた時に私に贈られたものである。
あなたもかつて世界を贈られたからこそ生きているのである。

私の世界は私が作り動かして行くのである。
私の世界の操縦桿を握るのは私だけ。

あなたの世界は?

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
フリーエリア
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
来客者数