ロッド鑑定受け付けます。  9/3更新

『主特性』の鑑定を追加しました(9/3)。

ご依頼は、メールフォームまたは下記のメールアドレス(*を@に変換)から受け付けています。
メールアドレス:ichimuanm2*gmail.com

鑑定よりどりセット
1件500円の鑑定をセットでご依頼いただくと、割引価格で鑑定します。セット名とご希望の鑑定をご依頼ください。

◯2件よりどりセット:800 円
◯4件よりどりセット:1500 円
◯6件よりどりセット:2000 円
セットでご依頼いただくのは一人の方に対する鑑定に限らせていただきますので、ご注意ください。
<例>Aさん、Bさん、Cさんについて魂の年齢、役割、目標、モードを鑑定 の場合
4件よりどりセット×3
×6件よりどりセット×2

対象となる鑑定は以下の通りです。
魂の年齢役割目標モード態度主特性意識領域(OSP)、、意識レベル、、新地球/旧地球意識の方向

前世カードの結果の鑑定(7/20追加)
◯1件につき1500 円
まず、カードで示された前世の有無を鑑定します。こちらは無料です。
前世がある場合は、カード結果の鑑定に進むことができます。
詳しくはこちらをご参照ください。

魂の年齢鑑定
魂の年齢、段階と役割、目標、モード、態度(詳しくはこちら)について鑑定します。

◯魂の年齢:1件につき 500 円
 『魂の年齢』と『段階』を鑑定します。
◯役割:1件につき 500 円
 『役割』を鑑定します。
◯目標:1件につき 500 円
 『目標』を鑑定します。
◯モード:1件につき 500 円
 『モード』を鑑定します。
◯態度:1件につき 500 円
 『態度』を鑑定します。
◯主特性:1件につき 500 円
 『主特性』を鑑定します。

夢鑑定
気になる夢の内容をお知らせいただき、その解釈についてロッドで検証します。

◯夢の解釈と検証:1件につき 2000 円
 夢の内容をお聞きし、その解釈およびロッドでの検証を行います
◯夢を解釈した内容の検証:1件につき 1000円
 夢の内容について、ご自身で解釈した結果をロッドで検証します

心の基礎体力と柔軟性
レーダーチャートを希望される方はその旨、明記してください。
(携帯やスマホで表示されるかどうかは保証しかねますのでご了承願います)

◯心の柔軟性鑑定:1件につき 1500円
 柔、軟、留、受の4つのパラメータを鑑定します
 詳しくはこちらをご参照ください(→リンク
○心の基礎体力鑑定:1件につき 2000円
 思、考、忍、耐、解、決の6つのパラメータで心のバランスを鑑定します
 詳しくはこちらをご参照ください(→リンク
基礎体力、柔軟性を同時にご依頼いただくと3000円(500円割引)でお受けします

意識領域、意識レベル、新地球/旧地球 鑑定
○意識領域鑑定(OSP鑑定):1件につき500円
 現在の意識領域(オリオン、シリウス、プレアデス、スマル、枢)を鑑定します
○意識レベル測定:1件につき500円
意識レベルの数値の測定を測定します
○新地球/旧地球鑑定:1件につき500円
 現在の境地が新地球、境界線、旧地球にあるのかを鑑定します。(→リンク
○意識の方向鑑定:1件につき500円
 現在の意識が新地球に向かっているのか、旧地球に向かっているのかを鑑定します。
 (→リンク
◯波動鑑定:1件につき 1500円
 上記の4項目について鑑定します。
 同時に3名以上のご依頼の場合、3人目以降は1件につき1000円でお受けします。
 (例:5名分のご依頼の場合は、1500×2+1000×3=6000円)

盲検鑑定
 こちらの記事をご参照ください:ぐれんの記事『盲検テスト(リンク)』
 選択肢2~5個までの質問を受け付けます。質問は3件以上でお願いします。
 同時に3件以上でも、鑑定結果を受けてメールでやり取りしながら3件以上でも結構です

<鑑定料>
 3件で700円、5件で1000円、以降は1件の追加につき100円
 優先順位(上位3つ)を付ける場合は1件につき、100円追加
<ご依頼に際して>
 選択肢の記号(A~E)とその内容+『その他』を書いたメモをご用意ください
 選択肢の内容については私に知らせないようお願いします

受付を終了した鑑定
○総合鑑定
◯意識レベル10年鑑定
◯パラレル世界鑑定
○魂の年齢 総合鑑定

7/21追記:こっそりメニュー追加
○Orion's Gate読者様向けの裏メニュー
詳しくはこちらの記事の青字部分をご参照ください。

続きを読む

スポンサーサイト

妄想で・・・

今日は早朝から友人と自転車で出かける予定であった。
だがしかし、クソ熱くて熱中症が心配なので中止にすることにしたのである。
で、暇だったので先日立て続けにアップした『小さな国の名もなき戦士』の声を妄想してみたのである。
それほど暇だったのである。

私:この人
クレア:この人
友人:この人
領主:この人
父:この人
母:この人
妹:この人

おおよそ、映画の吹き替えとかで好きだった声である。
で、マジで暇だったのである。

さよなら、テンさん

今朝のニュースで知って驚いたのであるが、デニス・テンさんが亡くなったそうである。
前途のある若者が亡くなるのはとても悲しいのである。

結構好きな選手だったので、残念な限りである。

一夢庵 価値観の違いに戸惑う

この3連休は帰省していたのである。
北陸某所からの特急列車に乗った時のことであるが、私は1番前の窓際の指定席を予約していたのだが、列車が到着した時に窓からその席が後ろ向きに回転された状態(後ろの席と4人掛け状態)になっているのが見えたのだが、私の席に白人の男(以下、野郎)が座り、その正面に白人の女(以下、女)が座っていた。女の隣には日本人の男性が座っていたのだが、野郎が私に自分が座っている席と通路側の席を指さして身振りで『どっちだ?』と聞いていたので、野郎が座っている席を指した。
野郎は『オウ!』と言って立ち上がった。私は日本人男性もやろうと女の連れかもしれないと思い、嫌々ながら座ったのだが、野郎はほかの席を探しに行き(たぶんこいつら、指定券を買わずに空いている席に座っていたのだと思う)、日本人男性は『席を戻しませんか?』と言ってきたので奴らの連れではないことが判明した。
席を回そうとして気づいたのが、その周辺の網棚は奴らの荷物で占拠されていて、背もたれと壁の間には奴らの大型のボストンバッグやスーツケースが詰め込まれていて席を動かせない状態ということであった。
気が付くと女もどこかへ行ってしまった。
『何?この状況』などと思いながら待っていると女が戻ってきた。
片言の英語で『ゆあーず?』とカバンを指していったところ、あからさまにめんどくさそうにスーツケースを移動させた。
その態度にイラっと来たので、『ぷりーず むーぶ でぃす ばっぐ!』と言うとこれ見よがしに肩をすくめてカバンを移動させ、網棚に押し込んだ。ちょっとばかり腹が立ってきたので、少し荒っぽく席を回転させて元に戻し、どすっと自分の席にカバンを置き強めのため息をついたのを見て、『ア、ア、ア、I’m didn't understand』だか何だか慌てて言ってたので、思いっきりにこやかな顔で『先にすみませんやろ、どあほ!』と言ったら若干戸惑いつつニコッと笑って連結部に去っていった。
彼らとの価値観の違いに驚いた次第である。
私は指定券を持たずに指定席に座るということはしない(昔は時々したと思うが)。仮にしたとしても座席を回転させるというような図々しい真似はしないと思うのであり、慎ましく一番前の2席に並んで座る程度だと思うのである。
なによりも自分たちの図々しい行動で迷惑を掛けたらまず『さーせん』ぐらいは言うのである。
さらに気にかかったのは、最後の竹中直人風の(笑いながら怒る人)対応を理解してもらえたかどうかであるが、たぶん」『I can't understand.』だろうと思うのである。

余談だが、私の横の席に座った人(私と同世代とみられるきれいなご婦人)は、私が席を回すあたりからのやり取りを見ていて、『何かあったんですか?』と聞いてきたので、一部始終を話して聞かせたのだが、結構ウケてたので良しとすることにした(何について『良し』なのかは定かではない)。竹中直人の部分については昔ファンだったそうで、すぐに分かったらしい(それも良しである。何に対しては分らないが)。

小さな国の名もなき戦士⑨

クレアが亡くなったことを領主に知らせた。
領主は、わずかな護衛を連れて連れて私の家に来た。
領主は、クレアに安らかな暮らしを与えてくれたことに感謝の言葉を述べ、娘を失った父として涙を流した。

あの友人が駆け付けた。
執事が謀反を起こしたということであった。
かねてより謀反の機会をうかがっていたらしく、今が好機とみて動きを起こしたらしい。
100人ほどの傭兵を率いてここに向かっているらしい。
領主の護衛は数人、友人がかき集めた兵は20人余り。
ここで迎え撃つのは圧倒的に不利である。

友人に領主の護衛を任せて一人で食い止めることにした。
友人は自分も残ると言い張った。
お前が残ったら誰が兵を率いるんだ?
俺は死にに行くんじゃない。
誓いを果たしに行くんだ
命がけでクレアとこの平和な国を守るんだ!
天が許すならきっと生き延びることができる。
領主を無事に返したら、援護を頼む。

そう言って家に引き返した。
ここに住み始めてから開けることのなかったドアを開け、置いたままになっていた鎧と剣を身に着け、愛用の剛槍を手にした。

家から出ると執事の軍勢は迫っていた。
領主は馬車を残して徒歩で逃れていった。
執事の手勢は火矢を放ち私の家に火を放った。
領主が家の中にいると思い込んでいた執事は高笑いとともに『奴も片付けろ!』と叫んだ。

血が滾り、髪の毛が逆立つのを感じる。
剛槍を振り回し、雄叫びを上げた。
執事が雇った傭兵は、早い話が山賊まがいのならず者たちである。
忠誠心などなく金が目当てである。
知った顔も少なくない。

傭兵の頭目格の男はよく知っている。
卑劣な男で、同じ部隊で戦ったことも何度かある。
その男は私の姿をとらえ、パニックに陥った。『なぜあいつがここに?』その言葉が彼の頭を何度も回り続けていた。
『なぜあいつが? なぜあいつが? あんな奴を敵にして生き残れるわけがない』それがこの男が最後に考えたことである。
パニックの中で私の剛槍に打ちのめされて即死した。
軍勢の1/4程が逃亡し、半分ほどが剛槍の錆になって斃れたが、そこで剛槍が折れてしまった。
剣を抜き何人も斃したが、疲れが出始めて動きが鈍ってきた。
いくつもの傷を受けながら執事に迫った。
執事をぶった切った後、残りの傭兵たちに向かったが、彼らは一目散に逃げ去った。
金にならない戦闘はしない連中である。

きっと領主は無事に帰っただろう。
クレアも屋敷に戻ることができただろう。
誓いを果たすことができた。
生きる意味を取り戻してその意味のために生ききることができた。
思い残すことはない。
フラフラと歩き、森に入った。
そこで力尽きた。
私を見下ろす森に木々に囲まれながら、私の心は森に溶けていった。


最後は怒涛のように書いてしまったのであるが、私に文才がないことが惜しまれてならない。
途中で無かったことにしようかとも思ったのだが、それもどうかと思うので最後まで書いてしまったのである。
恥ずかしい限りである(なら書くなよ!などと言う突込みは無視するのである)。
<完>

小さな国の名もなき戦士⑧

怒涛のように書き進めているのであるが、頭の中も怒涛のようである。
私に筆力がないのが残念でならないのである。

クレアは日に日に弱っている。
ある日の夕方、クレアが話しかけてきた。

私は死ぬまでに少しでも多くのことを知っておきたいと思ったの。
あなたのおかげでその願いがかなえられた。
ありがとう。

覚悟はしていたが、その時は近づいていた。
私にとってクレアは重荷でしかなかった。
私は誰と話すのも面倒である。最低限の会話しかしたくないのだ。
気が付くとそれはかけがえのないものになっていた。
私は自分のことをクレアに話すことにした。
そうするべきだと思ったからである。
この国のはずれの山奥に両親と妹とひっそり暮らしていた。
14歳の時に妹と母親が疫病に罹った。
その後私も疫病に罹り、父が家族3人の看病をしていたが、父も疫病に罹ってしまった。
気が付くと私だけが快復して生き残った。
生きる気力をなくしつつも体が頑丈だったために死ねずにいたところを奴(友人)のおかげであなたの父上に拾われた。
戦士として働いてきたが、戦乱に苦しむ人々を見て少しづつ戦えなくなった。
戦士をやめた私に住む家と土地を与えてくれたのはあなたの父上だ。
戦士をやめてからずっと死ぬために生きてきた。
あなたのおかげで今生きているのは明日を生きるためで、明日はあなたと何を話そうか楽しみにしている自分に気付いた。
心から感謝している。

クレアは何も言わず私の手を握りしめていた。
クレアの手からはぬくもりが伝わってきた。家族を喪って以来、忘れていたぬくもりであった。

その数日後、クレアは眠るようにこの世を去った。
楽しい夢を見ているような笑みをたたえていた。
最後の数日はクレアとはほとんど言葉を交わさなかった。
言葉は必要ではなかった。
相手がそこにいるだけで心が満ち足りているのを感じた。
人と心を通わせるということが初めて分かった。
ありがとう。

それが最後の言葉だった。

小さな国の名もなき戦士⑦

ニワトリが寝たのでゆっくりと書けるのである。

時折訪ねてくる友人から執事のことを聞かされた。
それよりもクレアの体調がすぐれないらしい。
『まだ若いのに気の毒だな。こっちは面倒な人づきあいがなくて助かるが』
と答えたが、クレアとの会話の中で閉ざした心に少しずつ光が差し始めていることに自分でも気づいている。
それ以上に友人はそのことを感じていた。


一方、領主の屋敷ではクレアが父に真剣に話しているところであった。
私はほとんどこの屋敷しか知らずに暮らしてきました。
少しずつ外に出てこの国の人たちは優しい人ばかりだということを知りました。
その優しさを育てたのはお父様の領民たちへの愛情だということを知りました。
私の病は治らないことはわかっています。
私の命を縮めても構わない。私はもっと外の暮らしを見たい。

クレアの望みで、私のもとに預けられることになった。
友人が付き添ってきた。
友人とともに、世の中のことについて知り限りのことをクレアに話して聞かせた。
光の部分も影の部分も。
私が戦士だった時のことも話した。
ある時、自分と互角の敵と出会い、膠着状態時なった時どうするかを聞かせた。
すきを見て脇腹をくすぐるんだ。いきなり変な顔をすることもある。相手は必ず剣を取り落とす。
思わずクレアは笑い出した。

この世界の暗部ともいえるような嫌な話も聞かせた。
それがクレアの願いだったから。
国王に命じられて、隣国に領主に従って攻め込んだ時のことも。
この戦闘で散っていった者たちや、生き残った者たちと領主が流した涙のこと。
暮らしている場所が戦場になったために悲惨な目に合った罪のない人々のことも話した。
嗚咽がこみあげてそれ以上話せなくなった。
クレアは父親から受け継いだ、慈愛に満ちた目で見つめていた。

小さな国の名もなき戦士⑥

クレアはよくここに来た。
この家の周りにあるものを興味深げに見て回り、いろんなことを尋ねてくる。
私は人には人の興味もわかないので、会話すら億劫である。
いつの日かやってくる死期を待ちつつ生きている。
そんな私の目に移るすべてのものは色合いを失った景色である。
クレアの目には同じ景色の中に無限の色彩を感じている。その風景は光に溢れている。
その明るいまなざしに救われることもあったのは確かだが、やはり話をするのは面倒である。
面倒ではあるが、妹が生きていたらクレアと同じ年頃である。
ときどき妹とクレアが重なる時がある。

クレアはこの国は優しい人ばかりだと言う。
行く先々でとても親切にしてくれると言う。
私が領主の娘だからなのかな、と首をかしげる。

それはあなたの父上がここの領主だからです。
あなたが領主の娘だからということではありません。
領主にとって領民は何かわかりますか?
ある領主にとっては、税を取り立てるためのものでしかなく、別の領主にとっては家畜同然なのかもしれない。
領民とはそんなものというのがこの世の常識かもしれない。
あなたの父上は領民にとっても父のような方です。
この国は小さくてほかの国よりも貧しいかもしれませんが、領民たちの暮らしは安定していて豊かです。
領民たちの優しさは、あなたの父上の優しさなのです。

私がここで静かに暮らしていられるのもあなたの父上のおかげです。


クレアは領主というものを知って驚き、父の慈悲深さを知って涙を流した。

ときどきクレアが私のような下賤のものの家を訪れるのを快く思わないものが少なからずいた。
領主の執事がその筆頭であった。
彼は、クレアを妻として迎えたいと領主に願い出て聞き入れられなかった過去がある。
領主と姻戚関係を結び、ゆくゆくは自分が取って代わることを目論んでいる。
加えて、クレアはとても美しい女性であった。
たぶんに執事の嫉妬が含まれているとはいえ、領主にとっては無視できる状況ではない。

しばらくクレアが来なくなったが、それは執事を憚ってのことだけではなかったようだ


今日はかなり頭に浮かんでくるのだが、なかなか書き進めることができないのである。
ニワトリが遊んでほしくて手足やわき腹をつつくのである。

小さな国の名もなき戦士⑤

おおよそ夢で見たことはすぐに潜在意識の中に消えてしまうのであるが、ときどき表に現れようとするときがある。それはそれでいいのだが、私の都合などには一切お構いなしなのが困るのである。

私は森のそばで自給自足の暮らしをしている。
小さな畑で野菜を作り森の中からは木の実やキノコをもらってくる。
死に場所を探しつつ、生存本能に従って命を保つことに矛盾を感じたこともあったが、今は可笑しさを感じる程度の余裕はできてきた。自然のバランスの中で静かに生きること。
これが森に中に溶け込みたいと願ってかなえられたことだろう。

森で薪を拾って家に帰る途中、遠くから馬を走らせて近づいてくるのが見えた。
気にすることもなく家に帰って畑仕事をしていた。
近くで馬を降りたのは、あの友人だった。
彼は領主の長女の警護をしているそうだ。
今日はこの近くで馬車が壊れたので修理させてほしいということだった。

馬車を修理している間、友人と領主の娘は私の家で休むことにした。
領主の娘は『クレア』と言い、幼いころから病気がちだったそうである。
ときどき馬車で外に出るのが楽しみなのだと話していた。
ほとんど領主の屋敷の中だけで育ったクレアは私の暮らしがとても珍しく新鮮に感じていたようだ。
その短い滞在の間も私は質問攻めにあった。

また来てもいいか聞かれたので、めんどくさいと思いつつも承諾した。

『ぐれん』の記事

『ぐれん』のこの記事を読んで思い出したことである。

いつかは忘れたが、休日の早朝に北陸某所で見た報道特集番組である。
その日は早朝から所用で出かける必要があって、寝ぼけながら朝食を摂っていて、テレビをつけるとその番組が放映されていた。
海外からの職業訓練の支援を受ける人たちが抱える問題を取り上げたような内容だったと思うのである。
最初に見た事例は漁港で漁師としての訓練を受ける若者で、日本で漁業の技術を習得して故郷に帰って多くの人の役に立ちたいという夢を抱いた若者であった。
細かいことはよくわからなかったのだが(寝ぼけていたので)、日本での滞在を続けるための資格を取得するために試験に合格する必要があるが、漁師の仕事(重労働)の傍らで勉強するのがままならず苦戦していたが、周りの協力もあって何とか資格を取得したという話であった。心からその若者を応援しつつ、めざしを咀嚼していたのだが、次の話題が問題であった。
最初は中国から職業訓練のために日本の中小企業で働いている女性が、正当な残業手当をもらえずにいるために日本の支援団体がサポートしているというものであった。
真相はその女性は仕事が終わってすることが亡くなっても残業手当欲しさにだらだら職場に居座って『残業した!職場に拘束されていた!』と主張しているということであった。
支払わない、法的措置も辞さないと主張する雇用者を悪人扱いする番組の内容に嫌悪感を覚えたのであるが、下手なことをしてどっかの利権に接触しようものならK札からはあらぬ疑いをかけられ、マスごみからは極悪人とレッテルを張られて拡散されることになると推測される。

困ったものである。

プロフィール

一夢庵(M2)不便斎

Author:一夢庵(M2)不便斎
私の目の前の世界は、私が生まれてきた時に私に贈られたものである。
あなたもかつて世界を贈られたからこそ生きているのである。

私の世界は私が作り動かして行くのである。
私の世界の操縦桿を握るのは私だけ。

あなたの世界は?

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
フリーエリア
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
来客者数