ロッド鑑定受け付けます。  9/3更新

『主特性』の鑑定を追加しました(9/3)。

ご依頼は、メールフォームまたは下記のメールアドレス(*を@に変換)から受け付けています。
メールアドレス:ichimuanm2*gmail.com

鑑定よりどりセット
1件500円の鑑定をセットでご依頼いただくと、割引価格で鑑定します。セット名とご希望の鑑定をご依頼ください。

◯2件よりどりセット:800 円
◯4件よりどりセット:1500 円
◯6件よりどりセット:2000 円
セットでご依頼いただくのは一人の方に対する鑑定に限らせていただきますので、ご注意ください。
<例>Aさん、Bさん、Cさんについて魂の年齢、役割、目標、モードを鑑定 の場合
4件よりどりセット×3
×6件よりどりセット×2

対象となる鑑定は以下の通りです。
魂の年齢役割目標モード態度主特性意識領域(OSP)、、意識レベル、、新地球/旧地球意識の方向

前世カードの結果の鑑定(7/20追加)
◯1件につき1500 円
まず、カードで示された前世の有無を鑑定します。こちらは無料です。
前世がある場合は、カード結果の鑑定に進むことができます。
詳しくはこちらをご参照ください。

魂の年齢鑑定
魂の年齢、段階と役割、目標、モード、態度(詳しくはこちら)について鑑定します。

◯魂の年齢:1件につき 500 円
 『魂の年齢』と『段階』を鑑定します。
◯役割:1件につき 500 円
 『役割』を鑑定します。
◯目標:1件につき 500 円
 『目標』を鑑定します。
◯モード:1件につき 500 円
 『モード』を鑑定します。
◯態度:1件につき 500 円
 『態度』を鑑定します。
◯主特性:1件につき 500 円
 『主特性』を鑑定します。

夢鑑定
気になる夢の内容をお知らせいただき、その解釈についてロッドで検証します。

◯夢の解釈と検証:1件につき 2000 円
 夢の内容をお聞きし、その解釈およびロッドでの検証を行います
◯夢を解釈した内容の検証:1件につき 1000円
 夢の内容について、ご自身で解釈した結果をロッドで検証します

心の基礎体力と柔軟性
レーダーチャートを希望される方はその旨、明記してください。
(携帯やスマホで表示されるかどうかは保証しかねますのでご了承願います)

◯心の柔軟性鑑定:1件につき 1500円
 柔、軟、留、受の4つのパラメータを鑑定します
 詳しくはこちらをご参照ください(→リンク
○心の基礎体力鑑定:1件につき 2000円
 思、考、忍、耐、解、決の6つのパラメータで心のバランスを鑑定します
 詳しくはこちらをご参照ください(→リンク
基礎体力、柔軟性を同時にご依頼いただくと3000円(500円割引)でお受けします

意識領域、意識レベル、新地球/旧地球 鑑定
○意識領域鑑定(OSP鑑定):1件につき500円
 現在の意識領域(オリオン、シリウス、プレアデス、スマル、枢)を鑑定します
○意識レベル測定:1件につき500円
意識レベルの数値の測定を測定します
○新地球/旧地球鑑定:1件につき500円
 現在の境地が新地球、境界線、旧地球にあるのかを鑑定します。(→リンク
○意識の方向鑑定:1件につき500円
 現在の意識が新地球に向かっているのか、旧地球に向かっているのかを鑑定します。
 (→リンク
◯波動鑑定:1件につき 1500円
 上記の4項目について鑑定します。
 同時に3名以上のご依頼の場合、3人目以降は1件につき1000円でお受けします。
 (例:5名分のご依頼の場合は、1500×2+1000×3=6000円)

盲検鑑定
 こちらの記事をご参照ください:ぐれんの記事『盲検テスト(リンク)』
 選択肢2~5個までの質問を受け付けます。質問は3件以上でお願いします。
 同時に3件以上でも、鑑定結果を受けてメールでやり取りしながら3件以上でも結構です

<鑑定料>
 3件で700円、5件で1000円、以降は1件の追加につき100円
 優先順位(上位3つ)を付ける場合は1件につき、100円追加
<ご依頼に際して>
 選択肢の記号(A~E)とその内容+『その他』を書いたメモをご用意ください
 選択肢の内容については私に知らせないようお願いします

受付を終了した鑑定
○総合鑑定
◯意識レベル10年鑑定
◯パラレル世界鑑定
○魂の年齢 総合鑑定

7/21追記:こっそりメニュー追加
○Orion's Gate読者様向けの裏メニュー
詳しくはこちらの記事の青字部分をご参照ください。

続きを読む

スポンサーサイト

一夢庵 昔の上司に感謝する?

係長待遇となって半月あまり。

自分よりも仕事のことに詳しい部下4人、旧職場の後輩1人、新人1人というメンバーを従えて半月あまり。
正直しんどいのであるが、何とかやっているのである。

自分よりも詳しい部下の一人は、私のグループが担当する研究テーマの中心になってきた人である。
彼はそのテーマの進め方について、いろいろと意見を述べてくるし、しばらく議論することにもなる。
その間は私の仕事を止めざるを得ないのである。

さて、かつて私がクソ認定した上司たちは必ずと言って良いほど、あからさまにめんどくさそうな態度を示し、私が上司に迷惑をかけているようなことを言って私を非難したものである。その結果、私は協調性の無い自己中心的な人物として広く認知されるに至ったのである。

さて、今日もそのメンバーとしばらく議論をしたのであるが、彼の意図はどこにあるのだろうか?
私がそれまでの立場と逆転して彼の上長となったことに反発して難癖をつけているのだろうか?
純粋に自分が育ててきたテーマを仕上げるために真剣に取り組んでいるのだろうか?
私が見た限り、間違いなく後者である。かつての私と同じなのである。そして私は彼の議論を真っ向から受け止めてよりよい着地点を見つける義務があるのである。たとえ彼が、私の経験に照らして考えると判断が甘いと言わざるを得ない状況であっても、彼の主張をいったん受け止めて将来につながる形で結論を伝える必要がある。そして、私は彼に感謝しているのである。

もし、私が過去にクソ上司たちと仕事をすることが無かったら、一旦泥沼にはまり込む可能性もあったと思うのである。可能性は限りなく100%に近いものだと思うのである。
彼らが反面教師として示してくれたことに感謝する次第である。

一方で、彼らの言動は今も赦しがたいことであり、依然としてクソ上司であることに変わりは無いのである。機会があり、許されるなら数発殴ってやりたい気持ちは今も変わらないのである。
それとこれとは話は別なのである。

相撲協会

先日のちびっこ相撲の一件(女の子は土俵の上げない)は、舞鶴の一件で受けた誤解を晴らすべく『襟を正した』つもりなんだろうと憶測するのである。
だがしかし、その前にすべきことがある。
昔の習に従って『土俵は女人禁制』を貫きたいならこの団体を協会から除名するべきじゃないかと思うのである。

最近の体たらくを見るにつけ、相撲は神事ではなく格闘技でしかない。
従って、今の土俵には神様はいない。
『女人禁制』には現実的に意味は無いと思うのである。
威を張るバカの足掻きは見苦しいのである。

反省

自分がヘタレなのは自分だけの問題である。
私がこれまで、信用に値しない人たちの中で格闘し、(職場では)誰にも頼らずに生きてきたのは事実であるが、それは『世界を変える』前のことである。
現職場の人には関係のないことである。

私はこれまでの人間関係の在り方に囚われて、この半月一人相撲を取っていたのである。
部下を心から信用できず、自分が変えて辿り着いた世界をも信用できないのなら、何のために世界を変えたのかわからないのである。
世界を変えたのなら、前の世界のことは捨てなければならないのである。
前の世界では、知らず知らずのうちに不遇なことも自分のアイデンティティーの一部になっていたのかもしれない。
ここで切り捨てるのである。

白馬非馬説

古代中国で公孫竜あたりが展開した説だったと思う。

馬は単に馬だが、白馬は『白い』という視覚的情報と『馬』から成る複合的なもので単なる『馬』とは別のものである。

大雑把にそういう論法のものだったと思う。
同じ説を唱えた兒説は馬の通行税を逃れるためにこの説を説いたが相手にされず、通行税を取られた取られたらしい。
屁理屈として一笑に付すのはたやすいも事であるが、言葉が示す情報を考える上で重要な考え方だと思うのであり、私は普段からそこそこ使っているのである。

私がよく使うのは、『無意識下での付加情報』に関連してである。
例えば、私が議論するうえで毛嫌いしている言葉の一つに『みんな◯◯だ』、『みんな××している。だから××は普遍的な行為である』などという言い回しがある。
ここで、『みんな』とはいったいどういう人たちを指すのか、時々どういう発言をする人にその意図を問い質して(あるいは問い詰めて)みるのであるが、具体的に意識して言語化したうえでこの言い回しを使う人を見たことは無い。
一見、『みんな』とは全体的な母集団をイメージさせる言葉ではあるが、それを語っている人の話をじっくり聞いてみると『自分の視野にいて、なお且つ自分とある程度以上の価値観の共通点がある』という人達を指していることが以外にも多いのである。

これは全体的な母集団としての『馬』ではなく『自分の視野にいて、なお且つ自分とある程度以上の価値観の共通点がある』という情報で母集団から抽出した集合、すなわち『白馬』である。『馬』を基準に議論を展開するならそれは一般論として通用するが、『白馬』を母集団にしたうえで一般論として語られては、『漆黒の馬』としては困るのである。

従って、『白馬非馬説』を理解できない人と話し合うのは、私にとっては苦痛でしかない。
今月末にその苦痛が襲ってくるのである。近いうちに、私の所属元である親会社の労組役員との年1回の会食がある。派遣されてくる労組役員は前職場でかかわりのあった人である。
私にとっての議論は論理的なものでしかないが、彼にとっての議論は情緒的なものでしかない。すなわち、彼は白馬非馬説を理解するかどうか以前の人物であり、議論と言うものが成り立つかどうかすら覚束ないのである。
彼の言うところの議論は私には『浪花節的雑談』でしかない。
めんどくさいのである。私の右腕が鎮まっていてくれることを心から願うのみである。

余談ではあるが、この場合の右腕と言うのはいわゆる『鎮まれ!俺の右腕』的な、中2病を彷彿とさせる超常的な力を指すのではなく、右フックやアイアンクロ―、地獄突き、ウェスタンラリアットなどの物理的な力を指すのである。加えて、他の部位の助けを借りたヘッドロックやスリーパーホールド、左腕で頭を抱え込んで頭のてっぺんあたりを右の拳でグリグリするやつなどもまた然りである。

来週から

現職場では仕事をする環境の維持向上のために活動する委員会があるのだが、来月からメンバーが更新される。
来月、すなわち来月から私がその委員長に推薦されてしまった。

いきなり雑用・・・

と思うこともできるのだが、私が『世界を変えてまでなりたかった者』とは多くの才能が開花するために陰働きをする者である。
こっちに来た時の上司は、『一夢庵さんが適任だと思う』と強く推薦してくれたらしい。

心より感謝である。

基本はヘタレ

わかってくれる人は少ないのだが、基本はヘタレなのである。
私の行動から考えてギャップを感じられることが多いので、私の本質はヘタレではないのだと思いつつあるが、現時点でヘタレである。

明後日から5人の部下が付き、会社の将来のかかった仕事を担当することになる。
一人は新人、残りは同僚でそのうち一人は一緒に大阪から来た後輩、残りはこっちでいろいろと面倒をみてもらっていたこっちの研究員である。
私の経験上、この状況は嫉妬と足引っ張りに満ちた世界が待っているものである。
今のところ、元同僚たちはこれから立ち上げるグループのために私を盛り立ててくれている。
それがわかりつつ、気が重い。怖いのである。

人は自分以外の何者にもなることはできない。

人はなりたいものがあれば、強くなりたいと思えばなれる。なれない状況にあるなら世界を変えれば良い。


私は世界を変えるために今の職場に来ることになったのだと思うのである。
私がなりたいと思ってきたものになれば良い。それを世界が許したからここに居るのである。
ヘタレとしてはこの週末がずっと続いてほしいと思うのである。
たぶん私の本質はヘタレではないと思うのである。
これは試練ではなく、自分の本質を覚醒させて開花させるための入り口なのである。

貴乃花

退きどころをよく解っているし、潔い。
協会がそれを理解できるかどうかわからないが、潰されないようかんばって欲しいものである。

見た目は大人、頭脳は・・・

ニュースで見る限り黒海での議論は小学校の学級会並にしか見えないのである。

『忖度』と『憶測』の押し問答である。
押し問答に応えはない。
派手に押し問答をしている一方で、全く別なところに何かの答えがあるのではないかと思うのである。
さらにはどこかに全く別な設問があってその答えがあるのかもしれないのである。

違ったと分かった

前職場のことを時々思い出す。

で、結論はどう見ても今の職場のほうがまともである。
それで終わり。
思い出すという事の意味はそれで終わりではなかったのだと思うのである。

私は基本的に多くの人の利益と幸せを念頭に置いて仕事を進めていたのであるが、目先の勝ち負けや自分の利益や『楽をしたい』という欲求を前面に出している相手には容赦のない行動をしていたのである。
漠然と多くの人のために働きたいと思い、その足かせになるような人がいれば躊躇なく追い込み、とどめを刺そうとしていたのである。
潜在意識でその矛盾を感じ、そこから抜けようとしてリセットがかかった結果が今である。
そして今が働きやすいのは漠然と思っていたことがそれなりに具体的な形でミにつき始めているのだと思う。

ちょっと、仕事の上で先行きに不安を感じつつあったのだが、多くの人のために働きたい(だがしかし、滅私奉公という事ではない)という事をこの世界が私に許すなら何とかなるのだと思うことにした。
プロフィール

一夢庵(M2)不便斎

Author:一夢庵(M2)不便斎
私の目の前の世界は、私が生まれてきた時に私に贈られたものである。
あなたもかつて世界を贈られたからこそ生きているのである。

私の世界は私が作り動かして行くのである。
私の世界の操縦桿を握るのは私だけ。

あなたの世界は?

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
フリーエリア
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
来客者数