FC2ブログ

ロッド鑑定受け付けます。

ご依頼は、メールフォームまたは下記のメールアドレス(*を@に変換)から受け付けています。
メールアドレス:ichimuanm2*gmail.com

件名は『ロッド鑑定依頼』で、本文に下記の記入をお願いします。

・連絡先(メールアドレス)
・ご希望の依頼内容
・鑑定を受けられる方の『ご住所;○○県△△市(郡、町)』、『ご氏名(ふりがな)』
・ご希望の振り込み先(ゆうちょ銀行またはジャパンネット銀行)

<鑑定までの流れ>
①『ロッド鑑定依頼』メールをお受けした後、確認メールを返信します。
②確認メールに記載された口座への入金を確認した後に、鑑定し、結果をお送りします。
※鑑定までに、何度かメールのやり取りを要する場合もありますので、ご了承ください。
※ご依頼から、3日以上確認メールが届かない場合はお手数ですが、再度ご連絡いただくようお
 願いいたします。

鑑定よりどりセット
1件500円の鑑定をセットでご依頼いただくと、割引価格で鑑定します。セット名とご希望の鑑定をご依頼ください。

◯2件よりどりセット:800 円
◯4件よりどりセット:1500 円
◯6件よりどりセット:2000 円
セットでご依頼いただくのは一人の方に対する鑑定に限らせていただきますので、ご注意ください。
<例>Aさん、Bさん、Cさんについて魂の年齢、役割、目標、モードを鑑定 の場合
4件よりどりセット×3
×6件よりどりセット×2

対象となる鑑定は以下の通りです。
魂の年齢役割目標モード態度主特性意識領域(OSP)、、意識レベル、、新地球/旧地球意識の方向

前世カードの結果の鑑定(7/20追加)
◯1件につき1500 円
まず、カードで示された前世の有無を鑑定します。こちらは無料です。
前世がある場合は、カード結果の鑑定に進むことができます。
詳しくはこちらをご参照ください。

魂の年齢鑑定
魂の年齢、段階と役割、目標、モード、態度(詳しくはこちら)について鑑定します。

◯魂の年齢:1件につき 500 円
 『魂の年齢』と『段階』を鑑定します。
◯役割:1件につき 500 円
 『役割』を鑑定します。
◯目標:1件につき 500 円
 『目標』を鑑定します。
◯モード:1件につき 500 円
 『モード』を鑑定します。
◯態度:1件につき 500 円
 『態度』を鑑定します。
◯主特性:1件につき 500 円
 『主特性』を鑑定します。

夢鑑定
気になる夢の内容をお知らせいただき、その解釈についてロッドで検証します。

◯夢の解釈と検証:1件につき 2000 円
 夢の内容をお聞きし、その解釈およびロッドでの検証を行います
◯夢を解釈した内容の検証:1件につき 1000円
 夢の内容について、ご自身で解釈した結果をロッドで検証します

心の基礎体力と柔軟性
レーダーチャートを希望される方はその旨、明記してください。
(携帯やスマホで表示されるかどうかは保証しかねますのでご了承願います)

◯心の柔軟性鑑定:1件につき 1500円
 柔、軟、留、受の4つのパラメータを鑑定します
 詳しくはこちらをご参照ください(→リンク
○心の基礎体力鑑定:1件につき 2000円
 思、考、忍、耐、解、決の6つのパラメータで心のバランスを鑑定します
 詳しくはこちらをご参照ください(→リンク
基礎体力、柔軟性を同時にご依頼いただくと3000円(500円割引)でお受けします

意識領域、意識レベル、新地球/旧地球 鑑定
○意識領域鑑定(OSP鑑定):1件につき500円
 現在の意識領域(オリオン、シリウス、プレアデス、スマル、枢)を鑑定します
○意識レベル測定:1件につき500円
意識レベルの数値の測定を測定します
○新地球/旧地球鑑定:1件につき500円
 現在の境地が新地球、境界線、旧地球にあるのかを鑑定します。(→リンク
○意識の方向鑑定:1件につき500円
 現在の意識が新地球に向かっているのか、旧地球に向かっているのかを鑑定します。
 (→リンク
◯波動鑑定:1件につき 1500円
 上記の4項目について鑑定します。
 同時に3名以上のご依頼の場合、3人目以降は1件につき1000円でお受けします。
 (例:5名分のご依頼の場合は、1500×2+1000×3=6000円)

盲検鑑定
 こちらの記事をご参照ください:ぐれんの記事『盲検テスト(リンク)』
 選択肢2~5個までの質問を受け付けます。質問は3件以上でお願いします。
 同時に3件以上でも、鑑定結果を受けてメールでやり取りしながら3件以上でも結構です

<鑑定料>
 3件で700円、5件で1000円、以降は1件の追加につき100円
 優先順位(上位3つ)を付ける場合は1件につき、100円追加
<ご依頼に際して>
 選択肢の記号(A~E)とその内容+『その他』を書いたメモをご用意ください
 選択肢の内容については私に知らせないようお願いします

続きを読む

スポンサーサイト

日々思う事

『魂の戦』について思う事。

こんな至らない自分は魂の戦に負けている

こんな具合に『魂の戦に負けること』についてはかなり具体的にイメージが出来上がっていると思う。
では『魂の戦に勝つこと』って何?

それがなければ戦えない。
勝つこと、少なくとも負けないということに対して具体的なイメージがないのなら、それは負けが前提の戦いにしかならないような気がする。

などと言ってみた。

オリーブの漬物

予定通り酒粕味のオリーブの漬物を買って帰り、晩飯のおともに食べて期限が良いのである。
その結果、『血ぃ吸うたろか!』って何?
という状態である。

明日からはハードでタフな仕事が再会である。
機嫌よく寝るのである。

クソ爺

この週末は帰省したのである。
北陸某所からの特急列車を降り、バスで自宅近くまで帰るのだが、そのバスは高速道路を経由する路線バスなので満席になると乗車できない規則である。だたら二人掛けの席を一人で占拠するのはこの上ない迷惑行為である。

そのクソ爺(60がらみのスーツを着たジジイ)は窓側に座ってふんぞり返り、手足をだらしなく広げた姿勢でスマホを両手に持って何やらゲームに興じていた。その隣に私が腰を下ろそうとしたときに、さらに手足を広げて邪魔しようとしたのだが、無視して座った。
自分の座席の範囲内で大ぶりなリュックを抱えて座っていたのだが、私の左ひじの下からジジイの右ひじが伸びてきていて私の脇腹に触れていた。小突かれると不快なので心持脇を占めてジジイの右腕の自由を適度に奪っておいた。
またジジイの右足は私の席の方に伸びたままだが、私の足がジジイの足を上から抑え込むような形になっていたが、足の長さ上何の不自由もなかったのでそのまま座っていた。
次第にジジイは中途半端に奪われた右半身の自由が苦になりだしてもぞもぞ動き出したが、無視していた。やがて強引に腕を抜き出して私のひじの上に自分の腕を覆いかぶせてきたが、やはり無視していた。
当然不自然な態勢なので元の体勢に戻したり、鬱陶しいことこの上なかったのだが意識の外に締め出していた。視線を感じてそのジジイを見るとすごい形相で睨みつけていたので、何か対処を考えることにして笑わしてやろうかと思ったのである。
そこで間寛平のギャグを口にした。そう、無表情でそのジジイの顔を見据えたまま敢えて平板な口調で『血ぃ吸うたろか!』と言ってやったのである。するとそのジジイは予想外に笑うことなく、これまた予想外におとなしくなったのである。

やがて、バスは停留所(私が降りる一つ前)に着き、半数ほどの乗客が降りて行った。そのジジイも立ち上がり、私を膝で小突くように通路に出ようとするので、立ちあがって通してやることにした。私を体で押すようにしている時にいきなり立ち上がった(わざと)ので私の頭がジジイのあごにヒットし、反動でジジイの後頭部が網棚にヒットしたのだが、ジジイは通路を開けてもらったことに礼を言わず、私をすごい形相で睨みつけていた。仕方ないので先程の『血ぃ吸うたろか!』を再度やったところ、そそくさと他の席に移動した(通路側の席)。

そのジジイは私が次の停留所に降りた時に座席から私をすごい形相で睨みつけていたが、目面倒なので一瞥して通り過ぎたのだが、私の足を引っかけようとするかのようにジジイの足が伸びてきたのである。不幸にも私の足を払うことができず、私の全体重がジジイの足首に乗るという事態になったのだが、どう見てもひどい捻挫をしている可能性が高かったのである。
面倒だし、私には何の非もないような気がしたのでそのままバスを降りたのだが、今も心に引っかかっていることがある。ジジイが最後に睨みつけてきたときに、『血ぃ吸うたろか!』と言えばよかったのだろうか?今も気になっているのである。

余談だが、今日は北陸某所に戻る時に『オリーブの漬物(たぶん酒粕)』を買って帰ろうと思っており、自宅アパートに戻ってから晩飯とともに食べようと思っている。たぶんオリーブを食べたところで『血ぃ吸うたろか!』の件は雲散霧消すると予測されるのである。

貴重なもの

先日、親会社やそのまた親会社の上の方、平たく言えば『雲の上の事情』で、出向者は原則として数年以内に出向解除という決定が下された。
こんな私にも、できればずっとこっちにいて欲しいと言ってくれる人が少なからずいて、嘘であってもうれしいのである。
個人的にはそうしたいので、できる限り原則の対象外になるべく善処しようと思っている。
昔の私なら雲の上の奴らを罵り、怒りを宿すところであるが、周りにはこう話している。

私はプロなので、与えられた戦場で全力を尽くすしかできない。
ただ、こっちでの生き残りをかけて数年間あがいてみようと思う。
そう思うと、この先の数年が非常に貴重になると思う。
そんな貴重なものを只でもらった以上、それを感謝しつつきちんと使っていこうと思う。


心の底からそう思うのだが、どうしたんだ俺?
あの傾奇者の俺はどこに行ったんだ?
このセリフ、死亡フラグか?
などと思ってみた。

一夢庵 職務質問される

先週の金曜日は北陸某所での飲み会であった。
お世話になった方の定年のお祝いの会と二次会で帰宅が夜中の2時頃であったのだが、自宅アパート近くの路上を歩いていると前方から徘徊パトロール中のパトカーが走ってくるのが見えた。

そのパトカーは私がいる側の歩道に寄って来て、私のすぐ横に止まり、警官が一人降りて来た。
私にこの近所の人か尋ねた(「そうです」と答えたのである)身分証明書を見せてほしいて言ってきた。
免許証を見せると、『住所はこの近くじゃないですよね?』とけげんな表情を見せた。
当然である。免許証に記載の住所は関西某所の自宅である。

その瞬間、さらに二人の警察官が音もなく降りてきた。
一瞬にして正面と左右を警察官に囲まれ、背後は壁。
絶体絶命のような状況ではあったが、警察官は終始にこやかであった(むしろそれが不気味でもあったのだが)。
単身赴任中である旨を説明すると納得してくれたのだが、翌朝に近所の海に浮かぶ自分の姿(『僕、ドザえもん』などと言ってすべっている)が頭に去来してビビっていたのである。

結局、何事もなく解放されたのだが、さすがに警察官に囲まれると下手な態度をとれなかったのである。
この10年ほどを振り返って、ありえないぐらい感じのいい物言いをしていたのである。
そういう物言いを数十秒しただけでとんでもなく疲れたのである。やはり私には感じのいい人物になるのは到底無理だと悟った次第である。

嬉しいのである

4月から私の部下の一人が私と同じ係長待遇に昇格することになったのである。
そもそも私が昇格した時に『私よりも彼が適任』と自分の昇格を辞退して推挙した人物である。

諸般の事情で今の状態になっていたのだが、うちのグループのエース格として活躍し、評価されて抜擢されたのである。
彼が私のグループの仕事を推し進めてくれて、私が独自のスキルを活かすことを期待されて担当している仕事が終息した暁には私がいなくてもすべてがうまく回るはずである。

個人的には親会社に強制収容の道も開けてしまうのでヤバい状況ではあるのだが、何よりも能力のある若い人たちが活躍の場を得ることは自分のことのように嬉しいのである。

ぐれんの記事

ぐれんのこの記事で思ったことである。

魂には役割があり、おおむねその役割に沿ったキャラクターとなるわけではあるが、他のオーバーリーフの影響も少なからずある。
そのうえ、それぞれの魂の個性もあるのではないかと、最近感じている次第である。

従って、例えば戦士の魂の持ち主であってもいろいろである。
簡単に言えば、将軍レベルの戦士もあり、軍師もいる。一騎当千の猛将のいる一方で、ヘタレな雑兵もいて簡単に見方を裏切って敵に内通するような小賢しいザコもいる。

また、王にも名君から暗君や暴君、その他さまざまな『王』が存在する。
他の役割も同じだと思うのである。

さらには、魂の年齢にも言えることだと思うのである(『老年期魂』には年長者からクソジジイ・クソババアがいるのである)。

魂の年齢や役割が理解出来たら、それらのステレオタイプで考えると言う事から、個々の個性を加味して考えてみればさらに面白いと思うのである。

ロッド鑑定について

3/1~3(金~日)はロッド鑑定のお休みをいただきます。

怖い一夢庵からひと言

会話によるコミュニケーションにおいて、言葉による情報の伝達は全情報量の約30%に過ぎないと言われている。
それがメールのやり取りの場合は100%ではないかと思うのである(絵文字を入れると若干希釈されると思われる)。
おそらく、ロッドの依頼に絡んで半ギレ気味に送ったメールなどはさぞかし破壊力があると思うのである。

従って、私を怖いと感じた方は、私が送ったメールを読み飛ばさずにしっかり読んでくださったものと思われる。
私が、若年期戦士のアホなおっさんであるにもかかわらず、である。
しっかりと耳を傾けていただき感謝する次第である。
プロフィール

一夢庵(M2)不便斎

Author:一夢庵(M2)不便斎
私の目の前の世界は、私が生まれてきた時に私に贈られたものである。
あなたもかつて世界を贈られたからこそ生きているのである。

私の世界は私が作り動かして行くのである。
私の世界の操縦桿を握るのは私だけ。

あなたの世界は?

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
フリーエリア
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
来客者数