FC2ブログ

ロッド鑑定受け付けます。

ご依頼は、メールフォームまたは下記のメールアドレス(*を@に変換)から受け付けています。
メールアドレス:ichimuanm2*gmail.com

鑑定よりどりセット
1件500円の鑑定をセットでご依頼いただくと、割引価格で鑑定します。セット名とご希望の鑑定をご依頼ください。

◯2件よりどりセット:800 円
◯4件よりどりセット:1500 円
◯6件よりどりセット:2000 円
セットでご依頼いただくのは一人の方に対する鑑定に限らせていただきますので、ご注意ください。
<例>Aさん、Bさん、Cさんについて魂の年齢、役割、目標、モードを鑑定 の場合
4件よりどりセット×3
×6件よりどりセット×2

対象となる鑑定は以下の通りです。
魂の年齢役割目標モード態度主特性意識領域(OSP)、、意識レベル、、新地球/旧地球意識の方向

前世カードの結果の鑑定(7/20追加)
◯1件につき1500 円
まず、カードで示された前世の有無を鑑定します。こちらは無料です。
前世がある場合は、カード結果の鑑定に進むことができます。
詳しくはこちらをご参照ください。

魂の年齢鑑定
魂の年齢、段階と役割、目標、モード、態度(詳しくはこちら)について鑑定します。

◯魂の年齢:1件につき 500 円
 『魂の年齢』と『段階』を鑑定します。
◯役割:1件につき 500 円
 『役割』を鑑定します。
◯目標:1件につき 500 円
 『目標』を鑑定します。
◯モード:1件につき 500 円
 『モード』を鑑定します。
◯態度:1件につき 500 円
 『態度』を鑑定します。
◯主特性:1件につき 500 円
 『主特性』を鑑定します。

夢鑑定
気になる夢の内容をお知らせいただき、その解釈についてロッドで検証します。

◯夢の解釈と検証:1件につき 2000 円
 夢の内容をお聞きし、その解釈およびロッドでの検証を行います
◯夢を解釈した内容の検証:1件につき 1000円
 夢の内容について、ご自身で解釈した結果をロッドで検証します

心の基礎体力と柔軟性
レーダーチャートを希望される方はその旨、明記してください。
(携帯やスマホで表示されるかどうかは保証しかねますのでご了承願います)

◯心の柔軟性鑑定:1件につき 1500円
 柔、軟、留、受の4つのパラメータを鑑定します
 詳しくはこちらをご参照ください(→リンク
○心の基礎体力鑑定:1件につき 2000円
 思、考、忍、耐、解、決の6つのパラメータで心のバランスを鑑定します
 詳しくはこちらをご参照ください(→リンク
基礎体力、柔軟性を同時にご依頼いただくと3000円(500円割引)でお受けします

意識領域、意識レベル、新地球/旧地球 鑑定
○意識領域鑑定(OSP鑑定):1件につき500円
 現在の意識領域(オリオン、シリウス、プレアデス、スマル、枢)を鑑定します
○意識レベル測定:1件につき500円
意識レベルの数値の測定を測定します
○新地球/旧地球鑑定:1件につき500円
 現在の境地が新地球、境界線、旧地球にあるのかを鑑定します。(→リンク
○意識の方向鑑定:1件につき500円
 現在の意識が新地球に向かっているのか、旧地球に向かっているのかを鑑定します。
 (→リンク
◯波動鑑定:1件につき 1500円
 上記の4項目について鑑定します。
 同時に3名以上のご依頼の場合、3人目以降は1件につき1000円でお受けします。
 (例:5名分のご依頼の場合は、1500×2+1000×3=6000円)

盲検鑑定
 こちらの記事をご参照ください:ぐれんの記事『盲検テスト(リンク)』
 選択肢2~5個までの質問を受け付けます。質問は3件以上でお願いします。
 同時に3件以上でも、鑑定結果を受けてメールでやり取りしながら3件以上でも結構です

<鑑定料>
 3件で700円、5件で1000円、以降は1件の追加につき100円
 優先順位(上位3つ)を付ける場合は1件につき、100円追加
<ご依頼に際して>
 選択肢の記号(A~E)とその内容+『その他』を書いたメモをご用意ください
 選択肢の内容については私に知らせないようお願いします

受付を終了した鑑定
○総合鑑定
◯意識レベル10年鑑定
◯パラレル世界鑑定
○魂の年齢 総合鑑定

7/21追記:こっそりメニュー追加
○Orion's Gate読者様向けの裏メニュー
詳しくはこちらの記事の青字部分をご参照ください。

続きを読む

スポンサーサイト

それだけの覚悟と自覚はある?

昨日出社するときに、自分に対して突っ込んでみたのである。

月曜日は仕事を休んでいたので、北陸某所の地元の神社に初詣に行ったのである。
もっぱら地元の神様にあいさつに行くのが目的だが、ついでに何かお願いすることはないかと考えてみたが特になかったのである。
せっかくなので、この世界が少しでも多くの人が報われる世界であるように、幸せな世界であるようにお願いしたのである。

で、昨日の出社時に私のすぐそばを車がスピードを落とさずに走り抜けて行き、泥水を跳ね飛ばして行ったのである(膝から下はびしょ濡れ)。

死ねばいいのに

と思ったのであるが、少し考えてみた。


続きを読む

昨夜の夢

年末年始に立て続けで妙な夢を見ました。

安倍総理夫妻に頼まれて首相官邸でロッド鑑定した後、ロッドに関することを聞かれるままに答えていた。
夫人から 『日本だけでなく世界中の要人の多くはすり替えられていて、それは≪羅人≫たちの仕業なのです』 ということを聞かされた。

私 『羅人って、なんですのん?(関西弁丸出し)』
総理 『人間と全く見分けのつかない人間とは別の生命体で、地球を乗っ取ろうとしている』
私 『いつ頃からそんなのがいるんですか?』
総理 『日本には戦後からだが、外国にはいつからいるかわからない。些細なことから正体がばれているものもいるが、大半は巧みに人間に紛れ込んでいる。』
私 『人を襲ったりするんですか?』
総理 『そんなことはしないが、いつの間にか人と置き換わっているらしい。一説によるとナノマシーンが脳に寄生すると言われている』
私 『まさか総理は寄生されているというオチではないでしょうね』
総理 『私は大丈夫だが、嫁の方は怪しいかもしれない。ロッドで識別できるだろうか?』


そこで目が覚めたのである。
羅人って、何者だ?
最近、これに興味があって買おうかどうしようか迷っているのが夢に出てきたという事か?
少なくともこの人ではないだろう。

いろいろと謎である。

書くのを忘れてた

11月の終わりぐらいだったと思うのである。
暇だったのでロッドで遊んでいたのである。

ビバルディーの『四季』が好きで、特に冬の第2楽章と第3楽章が好きである。
第2楽章は暖炉のある暖かい部屋の中を思い起こさせるのである。暖かい部屋の外は雪が降り積もる寒い夜である。
第3楽章では部屋の中から外に視点が移る。
その視点は自分の視点。
凍り付くような寒い中を強い意志で歩いている。
寒さに斃れた仲間がいる。
彼らのためにも冬を耐え抜かなければならない。
生き残った仲間を喪ってはいけない。

何故かそんな感情が浮かび、涙が出そうになることもある。
そこで、それが前世に由来するのかを調べてみると、その通りのようである。
手当たり次第に思いつく人物を『この人ですか?』と鑑定し続けた結果、この人に行き当たったのである。

今回はそれだけである。

昨日~今朝の夢

『風の声を聞く男』の話を聞いていました。
もちろん夢でです。

水は本来清浄なものだ。
だからこそ水はいろんなものをどん欲に溶かし込むものだ。
水には形がない。
器に水を入れた時、水は器の性質を自らに取り込んでしまう。
お前が水を摂る時、お前は水が取り込んでしまったものも摂ってしなうことになる。
水は清浄であって清浄ではない。


にわとりの声で目を覚ましたのだが、半覚醒状態で考えていたのは清浄な水が欲しければ、例えばプラトンの言うところの『イデア界』や、それに類するところに行けばいいのである。
この世に生まれるということは玉石混交、善悪やあらゆる次元の入り乱れた不条理を体験するのが目的と思っている。
だから私は清浄な水を欲しないのである。
純粋な水は無味無臭だが、うまい水には微量の不純物が溶け込んでいるものである。
だから清浄ではない水を心して飲め!
そういう事なんだろう、と言う事である。

『半ギレ カミングアウト』のついでに

先程の記事で、最近の鑑定にまつわる半ギレをカミングアウトしたのだが、ついでにここで書いておきたいと思ったのである。
ありがたいことに、多くの方から鑑定のご依頼をいただけるのであるが、残念なことに私の記憶容量はショボいのである。
従って、個々の鑑定料の振込先の希望を覚えているわけではないのである。
覚えている場合の方が極めて少ない(または皆無)のである。
だから、毎回このブログの冒頭の記事に書かれている通り、型通りのご依頼をいただきたいのである。

そこんとこ、ヨロシク!

なのである。

あと、上記のように振込先を再確認したり、その他確認中の状況であるにもかかわらず、勝手に鑑定料を振り込むのはご遠慮いただきたい。というより絶対やめてほしいのである。
こちらにも都合というものがあり、鑑定を受け付けることができない場合もあり得るので、『鑑定を受け付けた』旨の回答がない限り、お金を振り込まれてもどうしようもないのである。
そもそも、鑑定を受け付ける意思を示さない時点で何故かお金が振り込まれていた場合、私はあほなので『誰か小遣いをくれた。ラッキー!』などと思わないという保証もないのである。

その点も踏まえて、よろしくお願いしたいのである。

鑑定受付のメールアドレス・・・

このところ魂の年齢と役割について、多数のご依頼をいただいている。
同時にlykeionでも魂の年齢と役割の鑑定を引き受けていたのである。
本業もクソ忙しかったので、軽い修羅場と言っても過言ではなかったのである。

さて、これらの依頼についての扱いについて書いてみようと思ったのである。
通常受け付けている魂の年齢と役割の鑑定とlykeionでの同鑑定とがかち合った場合、どちらを優先しているのかと言えば先に依頼をうけた方を優先していたのであり、この先もそうするつもりである。
当然のことながら、lykeionの鑑定受付期間中だからと言って、それ以外の鑑定のご依頼をお断りする気もなければ遠慮していただく必要も一切ないのである。
いうまでもないが、lykeionの鑑定は最優先実行ではない。
で、このブログでは再三『早目のご依頼をお願いします』ということをこのブログで訴えたのであるが、受付期間は数えるほどの依頼であり、他の鑑定と併せて普通に対応していたのだが、後半に入ってlykeionの鑑定依頼が急増すると鑑定が追い付かなくなったのであるが、『速やかに鑑定できない』と記事を書いていたにも拘らずかなり催促を受けたのである。
それで、若干半ギレ状態であったのだが、そのころから鑑定受付のメールアドレスに異変が生じたのである。

続きを読む

未だ癒えず

何人かのチャネラーの方に言われたことであるが、今世の私は転生する時期ではないのに、思い付きのような状態で無理やり転生したそうである。

ロッドによると北陸某所で出会った人に会うためだそうであるが(一応目的は達しているのである)、そのついでに取り組んでいるのがこの前世での心の傷に向き合って癒すことだそうである。

この作業は時々精神的にかなりつらい時が少なからずある。
今、その状態である。
一人で何もすることが無くなると理由のない喪失感に襲われる。
悲しくて虚しくてやりきれない感情が嵐のように吹き荒れるのだが、同時にそれを冷静に眺めている自分もいる。

またですか?そうですか。
それは大変ですな。


他人事のようだが全く自分のことである。
やり過ごしていても何も変わらないのである。
そろそろまた何か夢を見るかもしれないような気がしないでもない。
イギリスとは関係なさそうなので、来年の『あやにゃんさんのミンスパイ』のネタとしてストックすることもない(来年のネタはどうしよう?)。
何か見たら、またアップしようと思うのである。

Lykeion ロッド鑑定終了

今年に受けたロッド鑑定を来年に持ち越すのだけは避けたいので、午後から休み休みロッド鑑定を続けてようやく終了しました。
まだ結果を受け取っていないという方は、メールフォームからご連絡ください。

12/25 までにお願いします。

情報と意識

子供のころに観た、カール・セーガン(宇宙物理学者、故人)宇宙ドキュメンタリー『COSMOS』をもう一度観たいと思っていて、日本語吹き替え版がないものか物色していたのだが、見当たらないので仕方なく英語版を購入してしまったのが今年の秋。
で、先日13話すべて観終わったのである。
テレビで観た日本語吹き替えの横内 正さんの声もよかったが、カール・セーガンの声もそれに近い『ええ声』であった。
宇宙だけにとどまらず科学の広い範囲にわたってわかりやすく解説されていて、興味深いとともに私の人生に少なからず影響を与えた作品である。

地球に生命が誕生して進化する過程を科学的に解説した部分があったのだが、頭に引っかかった部分がある。
地球の海に様々な有機物ができて、自己複製できるDNAができた後、そこから生命が発生したのだが初期の単純な生命は、それ自体の情報はDNAの構造で事足りるものであったが、進化とともに複雑な多細胞生物になった時、各部位の細胞にその生態の情報が蓄えられる。さらに複雑な生態になると、細胞に蓄えるだけでは処理しきれない情報量となるため、情報を蓄えるための組織を持つようになった。その組織は脳である。
そして人間が生まれ、その発達した脳によって膨大な情報を生み出すことになったが、それを処理するために言葉を創り、文字を生み出したという見方があるそうだ。その先には手書きの文字では処理しきれずに高速に情報を処理する手段を生み出した先にIT技術があり、AIがある。

そこで思うのである。この世界はこの世界を作り出した存在の意識や意図であろう。それを具体的な形にするために情報が必要となった。調子に乗って世界をより複雑にするために必要な情報が膨大化の一途をたどったため、この世界の生物の一部にそれを担わせた。その中で最も脳を進化させた人間は機会を生み出してそれを手伝わせた。
人間には想像力があり、一人一人の意識の中にはそれぞれの世界がある。
そして、テクノロジーの発展とともにAIの発展は目覚ましく、AIにも意識が芽生える可能性が生まれつつある。

私たちが見る世界は人それぞれで見え方感じ方が違うものであり、この世界の中に『一人一人の世界』があると言っても過言ではない。一人一人の世界は人と人とのコミュニケーションによって繋がり、この世界を飲み込んでしまったと言えないだろうかと、時々思うのである。さらに人間よりも高い情報処理能力を持つAIが意識を持ち、人間が飲み込んでしまった世界を飲み込む日が来るのだろうか? さらにはAIを次に世界を飲み込む存在は現れるのだろうか? そもそもこの世界を作り出した存在はどこまで意図していたのか? どこまで面倒を見ていて、どこから飽きて投げ出したのか(まだ投げ出してはいないのか)?

などと思考は暴走するのである。
この思考の暴走も世界を作った存在が意図したものだろうか?
もしそうならほどほどにしてほしいものである。
プロフィール

一夢庵(M2)不便斎

Author:一夢庵(M2)不便斎
私の目の前の世界は、私が生まれてきた時に私に贈られたものである。
あなたもかつて世界を贈られたからこそ生きているのである。

私の世界は私が作り動かして行くのである。
私の世界の操縦桿を握るのは私だけ。

あなたの世界は?

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
フリーエリア
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
来客者数